このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県で働いている調理師の皆様へ ~調理師業務従事者届の提出について~

印刷用ページを表示する掲載日2022年11月24日

 調理業務に従事している調理師の方は,2年ごとに調理師業務従事者届を提出することが義務づけられており,令和4年度はこの届出年度です。

 食の外部化など調理師の果たす役割が大きくなっている社会にあって,調理師就業届出の着実な実施により,調理師の就業状況の実態を明らかにし,調理師による地域住民や施設利用者の食生活向上のための取組はますます重要になっています。

 つきましては,この届出制度の趣旨をご理解いただき,必ず届出をしてください。

1 届出対象者

 令和4年12月31日現在,次の施設で調理業務に従事している調理師(※免許証をお持ちの方)です。

 ○ 寄宿舎,学校,病院,事業所,社会福祉施設,介護老人保健施設,矯正施設など,多数人に飲食物を調理して供与している施設

 ○ 飲食店営業,魚介類販売業,そうざい製造業の施設,複合型そうざい製造業,その他

2 届出方法及び届出先

 届出用紙を下のリンクからダウンロードして記入し,用紙に記載している「就業地の市町担当部署」に持参又は郵送で届出ください。
 ※市町担当部署の受付時間は,午前8時30分~午後5時(土曜日,日曜日,祝日,閉庁日を除く)
​ ※届出用紙は,市町担当部署や広島県健康福祉局健康づくり推進課でも受け取り可
 ※令和2年度までは居住地の市町担当部署に届出でしたが,変更しました

 調理師業務従事者届出様式 (Wordファイル)(69KB)

 3 届出期限

 令和5年1月16日(月曜日) 【必着】

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする