ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 医務課 > 医療勤務環境改善支援センターによる相談支援について

医療勤務環境改善支援センターによる相談支援について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月28日更新

人口減少,若い世代の職業意識の変化,医療ニーズの多様化に加え,医師などの偏在などを背景として,医療機関などにより医療スタッフの確保が困難な中,県民の皆さんが将来にわたって質の高い医療サービスを受けるためには,医療分野の勤務環境の改善により,医療に携わる人材の定着・育成を図ることが不可欠です。特に,長時間労働や当直,夜勤・交代制勤務などの厳しい勤務環境にある医師や看護師の方々が,健康で安心して働くことができる職場整備が喫緊の課題となっています。

この課題に対応し,医師や看護師をはじめとした医療従事者の確保・定着を図るため,勤務環境の改善に取り組む医療機関を支援する「医療勤務環境改善支援センター(以下「センター」という。)を平成27年10月から開設し,県内の医療機関から,医療従事者の勤務環境改善に関する相談を受け付け,適切な支援を行っています。 

「離職率を改善したい」,「復職支援に取り組みたい」,「多様な働き方を導入したい」,「職員の子育て支援に取り組みたい」といった考えを持ちながら,具体的にどうしたらよいかわからないといったお悩みを抱えておられましたら,是非ご相談ください。

1 設置場所及び受付時間など

○設置場所:広島県健康福祉局医務課内
○受付時間:(平日)10時~12時,13時~16時(土日祝日,年末年始を除く。)
○電話 :082-513-3056(ダイヤルイン)
○メール:fuimu@pref.hiroshima.lg.jp

※当センターは,医療機関全体の勤務環境改善への支援を目的としており,従業者個人の方への個別相談対応は行っておりません。

※相談の内容が医療労務管理(労務管理・勤務条件等)に関するものである場合は,「医療労務管理相談コーナー(広島県社会保険労務士会内)」(電話:082-212-4481)までご相談ください。

2 センターが実施する主な事業

○勤務環境改善に取り組む医療機関への相談支援

○勤務環境改善に関する周知・広報,調査

○医療機関向け研修会,講演会などの開催 など

3 センターの利用方法

(1)医療機関の担当者は,センター事務局(広島県医務課)に,電話もしくはメールにより相談する。
 (相談内容は,医療機関における医療従事者の勤務環境改善に関するものに限ります。)

(2)相談内容により,センターの「専門アドバイザー(※)」の派遣を希望する医療機関は,専門アドバイザー派遣依頼書(別記様式第2号) (Excelファイル)(12KB)を,センター事務局まで提出する。

(3)医療機関からの依頼を受けたセンター事務局は,専門アドバイザーと日程調整を行い,当該医療機関に派遣する。

(4)専門アドバイザーの派遣を受けた医療機関は,専門アドバイザーの支援に基づき,課題の分析を行い,勤務環境改善についての計画を策定し,取組を進める。


(※)医療機関の勤務環境改善を促進するための様々な支援を専門に行うアドバイザー。「働き方の改善」,「医療従事者の健康支援」,「働きやすさ確保のための環境整備」,「働きがいの向上」などの内容について,医療機関の状況に応じた適切な支援を行う。

〔参考〕センターの利用手順
医療勤務環境改善支援センターの利用手順 (その他のファイル)(84KB)

4 関係資料

(1)広島県医療勤務環境改善支援センター事業運営体制図 (PDFファイル)

(2)勤務環境改善マネジメントシステム導入の手引き (PDFファイル)

(3)医療従事者の勤務環境改善関係参考資料(平成28年2月末日現在) (PDFファイル)

5 リンク

 「いきいき働く医療機関サポートweb」(通称『いきサポ』)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ