ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

医療法施行規則等の一部を改正する省令の施行について

印刷用ページを表示する掲載日2012年4月6日

今般,医療計画における精神疾患の取扱い及び療養病床等に係る経過措置についての社会保障審議会医療部会における議論や,地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成23年法律第105号)の施行等を踏まえ,「医療法施行規則等の一部を改正する省令」(平成24年厚生労働省令第33号)により,医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)が改正され,平成24年4月1日から施行されることとなりました。

 改正の概要

 1 医療計画において定める疾病の追加

 2 転換病床に係る経過措置の延長等

 3 療養病床に係る経過措置の創設

 4 その他

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする