ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

再生・細胞医療に関する臨床研究から実用化への移行について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

  再生・細胞医療は,臓器機能の再生等を通じて,国民の健康の維持並びに疾病の予防,診断及び治療に重要な役割を果たすことが期待されています。

    このような状況の下,再生・細胞医療に関する臨床研究から実用化への切れ目ない移行を可能とする制度的枠組みについて,「再生医療における制度的枠組みに関する検討会」において検討が行われ,今般,報告書がとりまとめられました。


ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする