このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度黒い雨体験者相談・支援事業について

印刷用ページを表示する掲載日2018年4月2日

 原子爆弾投下直後に降った黒い雨により,現在も健康に不安をお持ちで,ご希望の方に対して,保健師や医師,臨床心理士が相談に応じます。

対象となる方

被爆者健康手帳または第一種健康診断受診者証の交付を受けていない方で,広島県・広島市等が被爆地域の拡大を求めた地域内において原爆投下直後に黒い雨を体験し,かつ,現在健康不安をお持ちの広島県内(広島市を除く。)在住の方

※広島市在住の方は,別途,広島市が実施します。

事業内容

1 保健師・医師・臨床心理士による相談

(1)    関係市町保健師相談

次の市町において保健師が,黒い雨による健康不安を抱いている方の健康相談に応じます。

廿日市市,安芸高田市,府中町,海田町,坂町,安芸太田町及び北広島町

(2) 県保健師による個別訪問相談

関係市町窓口相談の利用が困難な方に対して,広島県の保健師が自宅に訪問して相談に応じます。

(3) 医師等相談会(広島市中心部に会場を設け年2回)

保健師相談を受けた方のうち,より専門的な相談をご希望の方に対して,医師や臨床心理士が相談に応じます。

(4) 巡回相談会(安佐南区・安佐北区・安芸区・佐伯区・安芸太田町・北広島町に会場を設け全9回)

保健師相談,医師相談及び臨床心理士相談までを一括して実施します。

 

2 健康診断費の助成

   相談の参考とするため,特定健康診査やお住まいの市町が実施するがん検診を受診し,医師等相談会または巡回相談会にその結果を持参し,医師による相談を受けた方については,年1回に限り,受診に要した自己負担額を助成します(事後払い)。

 

3 交通費の助成

関係市町保健師相談,巡回相談会及び医師等相談会に参加するため,公共交通機関や介護タクシー等(対象者が外出困難である場合または公共交通機関を利用できない場合に限る)を利用し,400円以上の交通費を負担した方については,その交通費を助成します(事後払い)。

詳しくは,予約時にご相談ください。  

 

予約方法

   相談を受けるためには,電話による予約が必要です。

1 廿日市市・安芸高田市・府中町・海田町・坂町・安芸太田町・北広島町在住の方

市町名

担当課

電話番号

廿日市市

保険課

0829-30-9160

安芸高田市

社会福祉課

0826-42-5615

府中町

福祉課

082-286-3162

海田町

社会福祉課

082-823-9207

坂町

保険健康課

082-820-1504

安芸太田町

福祉課

0826-25-0250

北広島町

福祉課

050-5812-1851

2 1の市町以外に在住の方

広島県被爆者支援課調整グループ

082-513-3109

相談日程(平成30年度)

相談日程(平成30年度)

1 関係市町保健師による相談

各市町にお問合わせください。

2 巡回相談会

期日 場所 予約締切日
6月 28日 (木曜日)

豊平保健福祉総合センター
そよかぜ(北広島町)

6月

14日

(木曜日)
7月 19日 (木曜日) 安佐公民館 7月 5日 (木曜日)
8月 23日 (木曜日) 湯来南公民館 8月 9日 (木曜日)
9月 13日 (木曜日) 安佐南区総合福祉センター 8月 30日 (木曜日)
10月 25日 (木曜日) 川・森・文化・交流センター
(安芸太田町)
10月 11日 (木曜日)
11月 8日 (木曜日) 安佐北区総合福祉センター 10月 25日 (木曜日)
12月 20日 (木曜日) 佐伯区役所別館 12月 6日 (木曜日)
1月 17日 (木曜日) 安芸区総合福祉センター 12月 27日 (木曜日)
2月 14日 (木曜日) 安公民館 1月 31日 (木曜日)

※1 時間 13時00分~17時00分

※2 巡回相談会には,健康診断結果の写しなど,ご自身の最近の健康状態が分かるものをお持ちください。

 

3 県保健師による個別訪問相談

広島県被爆者支援課にお問い合わせください。

 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする