ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県こども支援チーム「被災した子供の心のケア研修会」について

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月25日

被災した子供の心のケア研修会の開催について

平成30年7月の豪雨によって被災した子供たちの心のケアを支援するため,学校,幼稚園,保育所のほか市町等で子供に関わる職員を対象に,子供の心のケアへの理解を深め,資質の向上を図ることを目的とした研修を行います。

この研修の受講を希望される方は,申込書に必要事項を記載のうえ,ファックスにてお申込みください。

【広島会場】

日時:平成30年7月28日(土曜日)  14時~16時

場所:サテライトキャンパスひろしま(広島県民文化センター) 501・502大講義室 (広島市中区大手町1-5-3)

【福山会場】

日時:平成30年8月4日(土曜日) 13時30分~15時30分

場所:福山市生涯学習プラザ(まなびの館ローズコム) 中会議室 (福山市霞町一丁目10番1号)

【東広島会場】

日時:平成30年8月11日(土曜日) 13時30分~15時30分

場所:広島大学教育学部 K201(大講義室) (東広島市鏡山一丁目1番1号)

【呉会場】 

日時:平成30年8月25日(土曜日)13時30分~15時30分

場所:呉市広まちづくりセンター3階ホール (呉市広古新開2丁目1-3 広市民センター3階)

広島県こども支援チームについて

■経緯

 平成22年7月の庄原豪雨災害時に,子供の心のケアに特化した専門家チームの必要性が提唱されて結成。平成26年8月の広島市豪雨災害で2回目の活動。平成30年7月豪雨災害により3回目の活動開始。

■チーム構成

 児童精神科医,小児科医,臨床心理士,児童心理司(児相),事務職員等

■活動内容

 ・避難所等での子供等との面接及び支援方法の決定

 ・子供の支援者(保育士,教職員,保健師,スクールカウンセラー等)への研修 等

■活動期間

  PTSD(心的外傷後ストレス障害)への対応も考慮し,発災後,おおむね1年間を目途に継続的に活動

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする