このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県こども支援チーム「被災した子供の心のケア研修会(広島・福山)」について

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月27日

被災した子供の心のケア研修会の開催について

平成30年7月の豪雨災害からおよそ1年が経過し,梅雨時期を控え,大雨を思い起こして子供の心身が不安定になりやすいことを踏まえ,学校,幼稚園,保育所のほか市町等で子供に関わる職員や地域住民等を対象に,子供の心のケアへの理解を深め,適切な支援の実施を図ることを目的とした研修を行います。

この研修の受講を希望される方は,申込書に必要事項を記載のうえ,ファックス又は電子メールにてお申込みください。

お申込みが定員を超える場合は,申込み先着順とさせていただきますので,御了承ください。

【広島会場】

日時:令和元年6月1日(土曜日)  13時30分~15時00分

場所:広島県庁 本館6階 講堂 (広島市中区基町10-52)

定員:200名

【福山会場】

日時:令和元年6月15日(土曜日) 13時30分~15時00分

場所:エフピコRim(福山市ものづくり交流館)9階 スタジオB (福山市西町1-1-1)

定員:100名

《研修内容》

講演 「被災後1年を迎えて…子どもの心のケアのために」(仮)

講師 安田女子大学 薬学部 薬学科

教授(小児科医) 田中 丈夫 先生

 

申込み・お問合せ先(電話は平日8時30分~17時15分に限り対応しています。)

    広島県こども支援チーム(事務局:広島県健康福祉局こども家庭課)

     電話 082-513-3167   Fax 082-502-3674

 電子メールアドレス fukatei@pref.hiroshima.lg.jp

広島県こども支援チームについて

■経緯

 平成22年7月の庄原豪雨災害時に,子供の心のケアに特化した専門家チームの必要性が提唱されて結成。平成26年8月の広島市豪雨災害で2回目の活動。平成30年7月豪雨災害により3回目の活動開始。

■チーム構成

 児童精神科医,小児科医,臨床心理士,児童心理司(児相),事務職員等

■活動内容

 ・避難所等での子供等との面接及び支援方法の決定

 ・子供の支援者(保育士,教職員,保健師,スクールカウンセラー等)への研修 等

■活動期間

  PTSD(心的外傷後ストレス障害)への対応も考慮し,発災後,おおむね1年間を目途に継続的に活動

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする