このページの本文へ
ページの先頭です。

ひろしま県民いきもの調査~釣附海岸と島戸川河口干潟の生きもの観察会~

印刷用ページを表示する掲載日2021年10月12日

大柿の海の生きものを観察して,ひろしま県民いきもの調査に参加しよう!

テーマ

生きもの観察会をとおして広島県の生物多様性保全活動の担い手として活躍する人材を育成

日時

2021年11月3日(祝日) 13時から16時予定(受付開始12時30分)

雨天中止など、中止の場合は参加者に連絡します。

開催場所

釣附海岸・島戸川河口(江田島市大柿町)

さとうみ科学館研修室(本館2階)

※集合場所:さとうみ科学館玄関前(江田島市大柿町深江1073-1)

内容

【大柿の海のいきもの観察】

岩礁や砂浜,河口の干潟などに住むいろいろないきものについて,さとうみ科学館館長の西原博士に教えていただきます。

【ひろしま県民いきもの調査】

広島県では,皆さんの観察されたいきもの情報を集めて「見える化」するいきものマップ作りを進めています。その取り組みをご紹介します。

*詳細は,チラシをダウンロードしてご覧ください。⇒大柿の海の生きものを観察して,ひろしま県民いきもの調査に参加しよう (PDFファイル)(1.15MB)

募集人員・参加費

対象 生きものに関心がある小学生以上の方(ただし,小学生は保護者同伴)

定員 約20名

参加費 無料 

問合せ・申込先

一般財団法人 広島県環境保健協会 環境保全課(担当者:和田・笹田)

電話 082-293-1580

メール kazuki.sasada@kanhokyo.or.jp 

主催

広島県(担当:自然環境課)

協力

大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする