このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

ひろしま県民いきもの調査~ハチ干潟観察会~

印刷用ページを表示する掲載日2019年8月13日

ハチ干潟観察会「生きた化石カブトガニを見に行こう」

テーマ

広島県の生物多様性保全活動の担い手として活躍する人材を育成

日時

2019年8月31日(土曜日) 14時から17時(受付開始13時30分)

雨天中止,中止の場合は参加者に連絡します。また,中止の場合は10月に延期する予定です。

開催場所

竹原市 ハチの干潟

集合場所:広島大学 竹原ステーション(竹原市港町5-8-1)

内容

【干潟のいきもの観察】

干潟の役割と生物について,専門家の説明を聞きながら詳しく観察します。

カブトガニの幼生が観察できる予定です。

【ひろしま県民いきもの調査】

広島県では,皆さんの観察されたいきもの情報を集めて「見える化」するいきものマップ作りを進めています。

その取り組みを紹介します。

*詳細は,チラシをダウンロードしてご覧ください。⇒ハチの干潟観察会 (PDFファイル)(989KB)

募集人員・参加費

30名・無料(小学生未満は定員に数えません)

問合せ・申込先

一般財団法人 広島県環境保健協会 環境保全課(担当者:和田)

電話 082-293-1580

メール shuji.wada*kanhokyo.or.jp     (注) *を@に変更してください。

主催

広島県(担当:自然環境課)

協力

広島大学 竹原ステーション(水産実験所)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする