このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度「たちまち全員集合~企業も大学もNPOも 共に助け合う社会を目指して~」を開催しました!

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月25日

 社会的課題の解決に取り組んでいる多様な主体が一堂に会するイベント,「たちまち全員集合~企業も大学もNPOも 共に助け合う社会を目指して~」を,次のとおり開催しました。

実施概要

◆ 日時

 平成31年3月22日(金)13時30分~17時00分

◆ 場所

 合人社ウェンディひと・まちプラザ〈広島市まちづくり市民交流プラザ〉(広島市中区袋町6-36)

◆ 内容 

1 開会

2 ひろしま県民活動表彰 表彰式・活動発表・参加者投票

「たちまち全員集合実行委員会」が,他の模範となる優れた団体を表彰することで社会貢献活動の活性化や理解の促進を目的に実施しているもの。平成23年度から実施している「ひろしまNPO大賞」を平成27年度に見直し,企業,大学など社会貢献活動を行っている団体に広く参画してもらえるようにしました。

【広島修道大学 豊平どんぐり村ハッピープロジェクト’18】

広島修道大学の学生が,北広島町の長期的課題である「自立して持続可能な社会を再形成すること」を念頭に置き,「持続可能な社会づくり(活気あふれる地域づくり,持続可能なまちづくり)」の実現に資する活動として,豊平総合運動公園「豊平どんぐり村」拠点に取り組んでいます。

広島修道大学

【特定非営利活動法人工房おのみち帆布】

尾道の伝統産業であった帆布を文化,芸術活動,街づくりの活動として広めています。

特定非営利活動法人工房おのみち帆布

【5年B組】

「広島を笑顔溢れる明るくて優しい街にする」ことを目的として,2016年4月1日に任意団体として活動をスタート。ゴミ拾い活動を定期的(原則毎月)に開催しています。

5年B組

3 ブース展示PRタイム

ブース出展団体 (PDFファイル)(80KB)が,ブースで紹介している取組や魅力を1分でPRしました。

4 交流タイム

参加者が自由にブースを見てまわりながら,出展者や参加者同士で情報交換を行いました。

交流タイム1交流タイム2

5 トークセッション&バズセッション

各ゲストからの取組紹介や話題提供をもとに,活動を成長・発展させるための仲間づくりやそのために必要な合意形成について,その可能性や課題をゲスト同士が語り合いました。

【コーディネーター】

県立広島大学大学院 経営管理研究科 教授 百武 ひろ子 氏

【ゲスト】

ひろしまグローバルプラットフォーム ソトカラ 濱長 真紀 氏

一般社団法人リエゾン地域福祉研究所 代表理事 丸山 法子 氏

広島市古田公民館 館長 湯崎 あゆみ 氏

ためまっぷプロジェクト 和田 菜水子 氏

トークセッション1トークセッション2

トークセッション3トークセッション4

6 ひろしま県民活動表彰 知事賞表彰式 

自主的な社会貢献活動(非営利活動)を展開し,社会的課題の解決に特に顕著な功績があった団体を表彰することによって,団体の活動の活性化を図るとともに,県民の社会貢献活動への理解と信頼の向上を図ることを目的としています。

実行委員会が事前に3団体を選考し、表彰しました。被表彰団体は、この「たちまち全員集合」の場で活動内容についてのプレゼンテーションを行い、参加者のみなさまの投票により,知事賞を1団体決定し、表彰状を授与しました。

【知事賞受賞者:広島修道大学 豊平どんぐり村ハッピープロジェクト’18】

知事賞表彰式

7 閉会式

総括:県立広島大学大学院 経営管理研究科 教授 百武 ひろ子 氏

総括

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする