このページの本文へ
ページの先頭です。

【速報】商品・サービス別にみた消費生活相談急増指標 (2月15日現在)

印刷用ページを表示する掲載日2021年2月18日

 県内の消費生活相談窓口において受け付けた消費生活相談のうち,直近1か月で相談が急増している商品・サービス分野は次のとおりです。(相談件数の多い順ではありません。)

県内消費生活相談急増指標 トップ10(令和3年2月15日現在)


商品・サービス 主な購入・
契約方法
相談内容の例
1 商品一般 不明・無関係

スマートフォンに届いた宅配の不在通知メールを信用して,不正なアプリをダウンロードしたようだ。クレジットカード情報も入れてしまった。どうしたらよいか。

2 携帯電話サービス 店舗購入 購入して1週間たっていない携帯端末が不具合を起こした。新品なので交換してほしいが修理になると言われた。
3 役務その他サービス 通信販売 税金の相談をインターネット上で受けているサイトがあった。公的機関だと思って質問を入力したが,有料だと分かったのでクレジットカード情報は入力しなかった。料金を請求されるだろうか。
4 他の医療用具 通信販売 非接触型体温計が使用開始2か月で正常に機能しなくなった。外国製だと思うが輸入会社等の情報が分からない。交換してもらいたい。
5 賃貸アパート 店舗購入 3日か月前,賃貸アパートを退去したが,ハウスクリーニングや鍵の交換費用などを求められた。敷金は全額返されるものと思っていた。
6 クリーニング 店舗購入 6年前に購入したカーディガンをクリーニング店が紛失してしまった。弁償してもらえるだろうか。
7 化粧品 通信販売 先月,SNSの広告で1,000円のサンプル化粧品を注文した。差額を払えば定期購入を途中解約できるとあったが,電話が繋がらない。
8 脱毛剤 通信販売 インターネット通販で初回500円の除毛クリームを購入したが,肌荒れしたので使えない。業者から解約に応じるが差額を払うよう言われた。
9 他の和生菓子 店舗購入 大手通販サイト名で注文してをしていない商品が自分宛てに届いた。中身は羊羹とお茶だった。誰が送ったのか調べたいがどうしたらいいか。
10 他のタバコ用品 通信販売 昨年スマートフォンで電子タバコがお試しで安かったので注文した。しかし,定期購入だったようで2回目が届いた。3回目が届く前にやめたい。

◆個人情報やクレジットカード情報を入力させたり,不正なアプリをインストールさせるために,宅配便事業者を装った「不在通知」の偽SMSや,大手通販会社を騙ったメールなどをきっかけとして偽サイトに誘導するフィッシングに関する相談が多く寄せられています。心当たりのない場合は,メールに記載されたリンク先にアクセスしたり情報を入力しないでください。
宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSに注意しましょう(2020年11月26日発表)-URLにはアクセスしない、ID・パスワードを入力しない!- (独立行政法人国民生活センターのホームページ)

被害に遭ってしまった,不安なことがあるなどの際には,消費者ホットライン(電話番号188)広島県生活センターまたはお住まいの市町消費生活相談窓口に相談してください。

電子メールでの相談も受け付けています。電子メール受付はこちらから

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする