このページの本文へ
ページの先頭です。

【速報】商品・サービス別にみた消費生活相談急増指標 (11月15日現在)

印刷用ページを表示する掲載日2019年11月28日

 県内の消費生活相談窓口において受け付けた消費生活相談のうち,直近1か月で相談が急増している商品・サービス分野は次のとおりです。(相談件数の多い順ではありません。)

県内消費生活相談急増指標 トップ10(令和元年11月15日現在)


商品・サービス 主な購入・
契約方法
相談内容の例
1 商品一般 不明・無関係 昨日、最近亡くなった妻宛に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれたはがきが届いたので電話したが出なかった。
2 美顔器 通信販売 スマホに「美顔器を代引きで送ります。受取拒否した場合、往復送料、手数料を請求します」というメールが届いた。注文していない。
3 高麗人参 通信販売 SNSの広告から300円のダイエットサプリを注文したら高額な2回目が届いた。定期購入と知らなかったが、解約できるか。
4 他の健康食品 通信販売 スマホから口臭予防のサプリお試し500円を申し込んだ。定期購入になっていたようだが見ていなかった。解約できるか。
5 医療サービス 店舗購入 二重瞼の手術を受け、脂肪吸引の手術を予約した。後日変更を求めると,3割のキャンセル料を求められたが書面がないので金額が不明である。
6 修理サービス 店舗購入 車の修理をディーラーにお願いしたら、頼んでいない箇所まで修理された。見た目が悪くキズが大きくなった。弁償してほしい。
7 オンラインゲーム 通信販売 クレジットカードで不審な請求がありカード会社が調査した。その結果ゲーム代と分かり、払うよう言われたが身に覚えがない。
8 新聞 訪問販売 2ヵ月前に訪販で1年間の新聞の契約をして昨日から配達されているが、別契約と重複したので解約したい。
9 新築工事 店舗購入 新築住宅に入居したが、注文通りではないので苦情を言っているが、ハウスメーカーは何かと理由をつけ対応しようとしない。
10 マフラー類 不明・無関係 海外から突然ブランドのストールのようなものが届いた。開封したので返送できない。カード決済をされていないか心配だ。

◆「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」,「民事訴訟最終通達書」等と題した架空請求ハガキの相談は引き続き多く寄せられています。「契約不履行があり訴状が出ている」,連絡がない場合は訴訟を開始し,財産を差し押さえる」等と記載されており,連絡すると金銭を要求されます。
 ハガキが届いても,記載された電話番号に連絡せず,無視してください。

◆スマートフォン等に「美顔器を代引きで発送する。」というメールが届いたという相談が寄せられています。注文した覚えがない場合は,相手に連絡せず無視してください。もし,実際に美顔器が届いた場合は,送付元の連絡先等をメモしたうえで受取拒否を行い,広島県生活センターまたはお住まいの市町消費生活相談窓口に相談してください。

◆「SNSや動画サイトを通じてお試し価格のサプリメントや化粧品を注文したが,1回きりのつもりが定期購入となっていた。2回目が届き,高額な料金を請求された」という相談が引き続き年代を問わず多く寄せられています。
 注文はインターネットで簡単にできる反面,解約は電話でのみ受け付けとなっている場合もあり,何度も解約の電話をかけているがつながらないという相談も多くあります。
 注文する前に,契約内容や解約条件をしっかり確認しましょう。

 相談急増!「お試し」のつもりが定期購入に!?-低価格等をうたう広告をうのみにせず、契約の内容をきちんと確認しましょう-(独立行政法人国民生活センターのホームページ)

 被害に遭ってしまった,不安なことがあるなどの際には,広島県生活センターまたはお住まいの市町消費生活相談窓口に相談してください。

電子メールでの相談も受け付けています。電子メール受付はこちらから

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする