このページの本文へ
ページの先頭です。

【速報】商品・サービス別にみた消費生活相談急増指標 (12月17日現在)

印刷用ページを表示する掲載日2019年12月23日

 県内の消費生活相談窓口において受け付けた消費生活相談のうち,直近1か月で相談が急増している商品・サービス分野は次のとおりです。(相談件数の多い順ではありません。)

県内消費生活相談急増指標 トップ10(令和元年12月17日現在)


商品・サービス 主な購入・
契約方法
相談内容の例
1 建物清掃サービス 訪問販売 母親が配管点検・配管清掃・床下消毒を訪問販売に来た業者と契約した。解約したいが、どのような手続きが必要か。
2 他のデジタルコンテンツ 通信販売 パソコンを使用中に大手IT企業名で、この重要な警告を無視しないようにとの表示と警告音が出た。電話をかけても大丈夫か。
3 デジタルコンテンツ 通信販売 携帯電話に料金の確認ができない、連絡なき場合は法的手段に出るというSMSメールが届いた。電話したら脅された。
4 他のネット通信関連サービス 通信販売 亡くなった夫が契約していたインターネットサービスの会員費の請求を止めたいが、サービス提供業者が対応してくれない。
5 美顔器 通信販売 「美顔器を送る。発送は明日。心当たりがない場合は連絡するように。」と書いたメールが届いたが注文していない。
6 酵素食品 通信販売 ダイエットサプリの定期購入をスマホで注文した。解約しようと電話したらあと1回受け取れと言われたが、受取拒否したら代金を請求された。
7 他の行政サービス 不明・無関係 調査に協力をして欲しいという電話の後に、訪問で家計に関する調査票を持って来られた。個人情報を伝えたが信用性は。
8 電池 訪問販売 3日前、訪問販売で蓄電池の契約をしたが、高額なのでクーリングオフをしたい。業者からクレジットの審査に通ったと言われた。
8 マッサージ・指圧 店舗購入 市内の整体院で10回分の回数券をクレジットカードで購入。1回分使用したが体調が悪くなり9回分の解約を申し出たが応じてもらえない。
10 上着 店舗購入 先日、店舗で40万円の革ジャケットを契約し、内金10万円を支払った。納期が遅いので解約を申出したところ、断られた。

◆排水管の高圧洗浄や点検等に関する相談が多く寄せられています。依頼をする際には,複数の業者から見積もりを取るとともに,契約内容を事前に確認するなどして慎重に検討してください。

◆「電話番号宛てに送られてくるSMSメールで,実在する事業者名をかたり有料サイトの未納料金を請求された」という相談が依然として多く寄せられています。メールに記載されている電話番号に連絡すると,コンビニでプリペイドカードを購入するなどの方法で金銭を要求されます。安易に「間違いです」と電話をしてしまうと,相手方に電話番号等の個人情報を知られてしまうことになるので,決して連絡せず,身に覚えのないメールは無視してください。

◆「SNSや動画サイトを通じてお試し価格のサプリメントや化粧品を注文したが,1回きりのつもりが定期購入となっていた。2回目が届き,高額な料金を請求された」という相談が引き続き年代を問わず多く寄せられています。
 注文はインターネットで簡単にできる反面,解約は電話でのみ受け付けとなっている場合もあり,何度も解約の電話をかけているがつながらないという相談も多くあります。
 注文する前に,契約内容や解約条件をしっかり確認しましょう。

 相談激増!「おトクにお試しだけ」のつもりが「定期購入」に!?-解約したくても「解約できない」、「高額で支払えない」…-(独立行政法人国民生活センターのホームページ)

 被害に遭ってしまった,不安なことがあるなどの際には,広島県生活センターまたはお住まいの市町消費生活相談窓口に相談してください。

電子メールでの相談も受け付けています。電子メール受付はこちらから

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする