このページの本文へ
ページの先頭です。

「新型コロナウイルスに関連して給付金が40万円もらえる。申請代行します。」という勧誘に注意してください!

印刷用ページを表示する掲載日2020年7月10日

 「新型コロナウイルスに関連した給付金の申請を代行します!」という不審な勧誘が,特に若者を中心にSNSで広がっています。

 先日,県内の大学に通う学生から,次のような相談情報が寄せられました。

相談内容

 先輩から自分に,無料通話アプリを通じて,「新型コロナ関連で大学生がもらえる給付金がある。手続きしないか。」という勧誘があった。実際に給付金を受け取った学生もおり,学内で流行っているようだが,詐欺ではないかと不安に思い相談した。

無料通話アプリで送られてきた内容の抜粋

《給付金手続きの流れ》

  1. 名前,住所,マイナンバー等の必要事項を記入した書類を税務署に持参し,判子を押してもらって先輩に返送する。
  2. 給付金の受取口座番号を送る。
  3. 2,3週間以内に100万円振り込まれる。そのうち,今回の申請や次年度の確定申告の手続を行ってくれる税理士,公認会計士への手数料として,60万円を現金手渡しで先輩に渡す。 

《勧める理由》

  • 国からもらえるものは,もらった方が得。
  • 税理士や公認会計士が違法なことをする訳がないし,もし何かあっても対応してくれる。

気を付けてください!!

 こうした申請代行に関する不審な勧誘の相談が,全国の消費生活センターに寄せられています。

 知人の口コミやSNS等を通じて勧誘されている例が多く,本来なら対象ではない無職の学生やサラリーマンでも申請可能としており,詐欺的な申請の疑いがあります。

 個人事業主と偽ったり,申請内容が虚偽であれば,あなたも不正申請に加担したとして,取り返しのつかないことになりかねません。

 また,マイナンバーをはじめとする個人情報の流出にもつながります。

 怪しいと不安に思ったら,「広島県新型コロナウイルス感染症対策県民相談窓口」にご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症対策県民生活相談窓口

 専用ダイヤル:082(513)2826

 メール受付フォーム

 受付時間:9時から17時まで(土曜,日曜,祝日を除く毎日)

 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする