このページの本文へ
ページの先頭です。

令和4年度総合防災訓練の実施状況(令和4年8月30日)

印刷用ページを表示する掲載日2022年9月26日
 令和4年8月30日(火曜日)に広島市と共催で「令和4年度総合防災訓練」を実施しました。新型コロナウイルス感染症の影響から広島県としては3年ぶりの実施となりました。
 訓練参加機関相互の緊密な協力体制を確立するとともに,災害応急対策の検証・確認を行い,今後の災害対応に万全を期すことを目的に,今年度は,五日市断層を震源とする最大震度6強の地震により,広島市において複数の建物が倒壊し,多数の死傷者や行方不明者がいる状況を想定し訓練を行いました。

参加機関(17機関200名)順不同

陸上自衛隊第13旅団,海上自衛隊呉地方総監部,中国四国管区警察局,広島県警察本部,日本赤十字社広島県支部,県立広島病院,広島県トラック協会,ひろしまNPOセンター,日本通運株式会社,イオンリテール株式会社,大和ハウス工業株式会社,公益社団法人広島県建築士会,東広島市消防局,広島市消防局,呉市役所,広島市,広島県

捜索・救助・救護訓練

 広島市西風新都消防訓練場(広島市佐伯区)において,防災関係機関による倒壊建物や埋没車両からの人命救助や救護所の運営,ヘリコプターによる患者の搬送などを実施しました。
捜索・救助・救護訓練の様子
倒壊建物の捜索 ↓ 要救助者の救出 ↓
倒壊建物の捜索 要救助者の救助
海上自衛隊の警備犬による捜索 ↓ 埋没車両の捜索 ↓
海上自衛隊の警備犬による捜索 埋没車両の捜索
バギーによる要救助者の搬送 ↓ 現地指揮所での活動調整 ↓
バギーによる要救助者の搬送 現地指揮所での活動調整
海上自衛隊大型ヘリでの医療班投入 ↓ 県警ヘリによる吊り下げ救助 ↓
海上自衛隊の大型ヘリ 県警ヘリによる救助
ヘリコプターによる患者の搬送 ↓ 救護所での活動 ↓
ヘリコプターによる患者の搬送 救護所での活動

救援物資補給輸送拠点運営訓練

 DPL広島観音(広島市西区)において,民間物流倉庫を活用した,物資の受け入れや避難所への物資配分計画の作成などを実施しました。
物資補給輸送拠点運営訓練の様子
トラックによる物資の搬入 ↓ 物資の搬入の様子 ↓
トラックによる搬入 物資の搬入
自衛隊車両へ物資の積み込み ↓ 避難所への物資配分計画打ち合わせ ↓
自衛隊車両へ搬入 避難所への配分打ち合わせ

応急危険度判定訓練

 広島市西風新都消防訓練場において,震災後,被災した建築物の危険性を判定し二次的被害を防止する目的で実施する応急危険度判定の訓練を実施しました。広島県建築士会や近隣自治体からの判定士受け入れ手順の確認や,実際に建築物を用いた危険度判定を実施しました。
応急危険度判定訓練の様子
全体打ち合わせの様子 ↓ 危険度判定の様子 ↓
全体打ち合わせ 危険度判定の様子(1)
危険度判定の様子 ↓ 危険度判定の様子 ↓
危険度判定の様子(2) 判定結果の貼り付け

 

ご協力いただきました関係機関の皆様,ありがとうございました。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする