このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【募集は終了しました】エジプト政府による西日本豪雨被災者エジプト招待プログラムの参加者を募集します!

印刷用ページを表示する掲載日2018年11月13日
 日本と友好関係にあるエジプト・アラブ共和国のエルシーシ大統領が,被災地域(広島県,岡山県,愛媛県)の生徒を励ますため,エジプトへ招待したいという意向を有しており,駐日エジプト大使館から,本県の高校生の参加について依頼がありました。
 同国は,東日本大震災の際にも,被災3県の生徒を招待しており,参加した生徒たちは,異文化について学ぶとともに,災害を乗り越える前向きな姿勢が得られたと伺っており,広島県としてこの度の招待を受けることとしました。
 高校生の皆さんの積極的な応募をお待ちしています!

1 プログラム概要

(1) 実施主体:エジプト・アラブ共和国政府
(2) 派遣先:エジプト・アラブ共和国の主要観光地(歴史遺産,博物館等)
(3) 派遣期間:平成30年12月23日(日曜日)から12月31日(月曜日)(広島への到着日を含む)
(4) 募集人数:高校生等 8名 ※ほかに引率者1名を予定
(5) 事前説明会及び帰国報告書:詳細は,募集要領7及び8を参照
(6) スケジュール
※活動内容は公募時点の予定であり,訪問先の順序等変更される場合があります。また,上記は往路について成田経由を想定していますが,羽田・成田経由となる場合があります。
※成田空港からは,岡山県,愛媛県の生徒と一緒に行動します。

日程

活 動 内 容

宿泊先

12/23(日曜日) 広島空港発(14時20分)→成田空港着(15時55分)
成田空港発(21時20分)→(エジプト航空利用)
(機内泊)
12/24(月曜日) →カイロ国際空港着(4時30分),カイロ市内視察 カイロ市内ホテル
12/25(火曜日) カイロ市内視察 カイロ市内ホテル
12/26(水曜日) アスワン視察 アスワン市内ホテル
12/27(木曜日) ルクソール視察 ルクソール市内ホテル
12/28(金曜日) カイロ市内視察 カイロ市内ホテル
12/29(土曜日) カイロ国際空港発(23時40分)→(エジプト航空利用) (機内泊)
12/30(日曜日) →成田空港着(18時30分)→東京都内へ移動 東京都内ホテル
12/31(月曜日) 羽田空港発(9時15分)→広島空港着(10時45分)  

2 応募資格

県内の高等学校,中等教育学校(後期課程),特別支援学校(高等部),高等専門学校(1~3年),専修学校の高等課程または一般課程(※),各種学校(※)に在籍し県内に居住する生徒・学生,または,県外の左記学校に在籍し県内に居住する生徒・学生で,次の条件を満たすこと。(注:同時に岡山県や愛媛県の募集に応募することはできません。)
 (※) 高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設,または,(各種学校の)外国人学校
(1) 平成30年7月の西日本豪雨災害により,人的被害(同居家族含む),または住家被害を被った経験のあること。(人的被害とは軽傷,重傷,行方不明,死亡を,住家被害は一部損壊,半壊,全壊,床下・床上浸水を想定)
(2) 日本国の旅券を所有している(12月時点で有効残存期間6か月以上が必要。)又は取得予定であること。
(3) 派遣事業の全日程及び事前説明会のすべてに参加できること。
(4) 心身ともに健康で,海外での規律ある行動及び団体生活等に支障がないこと。
(5) 派遣後は学校内外での派遣報告等に努めるとともに,広島県の国際交流活動に積極的に協力する意思を有すること。
(6) 保護者及び学校長から海外派遣の同意が得られること。

3 選考方法等

書類審査により選考します。

(1)選考結果通知
平成30年11月16日(金曜日)までに,各学校に通知します。

(2)選考の主な観点
〇 事業の趣旨・目的を十分に理解し,派遣先で積極的な交流ができるか。
〇 エジプトとの交流に関心があり,現地情報の収集や語学能力(アラビア語,英語等)の向上に励む等,現地での滞在が充実したものになるよう,自ら準備に努めることができるか。
〇 派遣後は学校内外での派遣報告等に努めるとともに,広島県の国際交流活動にも積極的に協力できるか。

4 申込方法・期限

申込方法・期限

下記の申込書類(作文を含む)を,平成30年11月12日(月曜日)17時までに学校を通じて広島県へ提出すること(申込先は下欄参照。電子メールによるPDFファイルの提出可)。なお,提出された書類は返却しません。
※封筒などの場合は,余白に「エジプトプログラム」と記入してください。

申込書類

ア 西日本豪雨被災者エジプト招待プログラム推薦書(様式1)/学校  WORD (Wordファイル)(28KB)  PDF (PDFファイル)(91KB)
イ 西日本豪雨被災者エジプト招待プログラム参加申込書(様式2)/1名 WORD (Wordファイル)(30KB) PDF (PDFファイル)(115KB)
ウ 作 文 1枚/1名  PDF (PDFファイル)(48KB)

(作文作成要領)
 次のこと(エジプト政府の意向)を参考に,このプログラムへ参加する理由について,この経験をどのように活かすか,などのタイトルで添付の作文用紙1枚にまとめてください。
(エジプト政府の意向)
・エジプトの歴史を知ってもらいたい。また,エジプトには親日家が多いことを知ってもらい,両国間の人の繋がりをより強化していきたい。東京オリンピックの開催を前に,若い人たちの交流を図りたい。
・現在建設中のグレートミュージアム(2020年オープン予定,日本が建設に協力)の現場を見てもらいたい。

 提出先

〒730-8511広島市中区基町10-52 広島県地域政策局国際課国際交流グループ
Tel:082-513-2361 Fax:082-228-1614 e-mail:chikokusai@pref.hiroshima.lg.jp

5 参加経費

渡航に係る広島空港から成田空港(羽田空港経由の場合の羽田~成田間のバス移動含む)経由カイロ国際空港までの往復航空賃,観光ビザ(全員要取得)の取得費用,エジプト国内の移動に係る交通費及び宿泊費・食費はエジプト政府が負担します。
以下の経費は参加者の個人負担とします。

  1. 派遣前の事前説明会等の参加に係る交通費(ただし,公共交通機関を利用する場合は本人,保護者1名分の実費相当額を県で負担します。)
  2. 旅券取得費用
  3. 海外旅行傷害保険加入費用
  4. 自宅~広島空港間の往復交通費,日本国内の食費(ただし,30日の東京都内宿泊費(朝食を含む)については,県で負担します。)
  5. 滞在中の医療費及び土産や通信費等の私的な費用
  6. その他,公式日程に含まれない活動に係る費用 など

6 事前説明会

次のとおり実施予定。時間と場所など詳細については,選考結果と併せて通知します。
※可能な限り保護者も御出席ください。また,予定を変更することがあります。

内 容:プログラム概要,訪問先の情報,旅行諸手続き等
開催日:平成30年12月8日(土曜日)午後
場 所:広島市内

7 帰国報告書

参加者は帰国後1か月以内に,本派遣事業に参加した感想文(縦A4版横書き1枚程度,関連する写真1~2枚を含む)を作成し,学校を通じて広島県に提出します。
広島県は,提出された報告書をホームページ等に掲載します。

8 その他

(1) 現地へは引率者が同行し,また必要な通訳手配はエジプト政府が行いますが,通訳なしでも交流ができるよう各自努力してください。
(2) 派遣生徒には,エジプトとの交流事業等において,事業を効果的に進めるため,体験談等の発表を求める場合があります。
(3) 交流活動中の写真等は,現地受入先及び主催者並びに本県の広報資料等に掲載される場合があります。
(4) 申込書類は,参加者の選考のために利用されるほか,事業の実施のために利用されます。このため,連絡先等の情報は,他の参加者及び事業関係者に提供されることがあります。
(5) 国際情勢その他の理由により,本事業が延期又は中止になることがあります。

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする