このページの本文へ
ページの先頭です。

2023年G7サミットの誘致について【広島開催決定!】

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月23日
 フランス,米国,英国,ドイツ,日本,イタリア,カナダの7か国及び欧州連合(EU)の首脳が参加して開催される国際会議である「主要国首脳会議(G7サミット)」が,2023年(令和5年)に日本で開催される予定です。
 世界の主要国が集うG7の会議が広島で開催されることは,次のような意義があることから,広島市や経済界等と連携して,G7サミットを誘致し,このたび広島開催が決定しました。

【広島開催の意義】
1.G7の首脳等に被爆の実相や平和への思いを共有していただき,また,被爆の廃墟からめざましい復興を遂げた広島の姿に接していただくことで,核兵器廃絶に向け,核抑止力に依存しない安全保障政策への転換を促す契機となることが期待できる。
2.会議開催の映像等を通じて,平和の象徴としての広島を世界に発信する機会となり,平和の素晴らしさを世界中の多くの人々に実感してもらい,平和意識の醸成に繋がることが期待できる。
3.美しい自然や優れた文化,産業など広島の都市としての魅力を世界にアピールする絶好の機会にもなり,国内外からの誘客の促進,広島経済の活性化につながることが期待できる。

 

内閣総理大臣及び外務副大臣との面会

令和4年6月9日(木曜日),広島県知事,広島市長,広島商工会議所会頭の三者が内閣総理大臣及び外務副大臣と面会し,サミット期間中,各国の参加者が被爆の実相に触れる機会を設けるよう要望しました。

2023年G7サミット広島開催決定共同会見

本日(5/23),来年の主要国首脳会議(G7サミット)の広島開催が発表され,広島県,広島市,広島商工会議所の三者で共同会見を行いました。

内閣総理大臣への要望

 令和4年1月27日(木曜日)に,広島県知事,広島市長,広島商工会議所会頭の三者で内閣総理大臣を訪問し,2023年G7サミットの広島開催の要望を行いました。

外務大臣への要望

 令和4年1月27日(木曜日)に,広島県知事,広島市長,広島商工会議所会頭の三者で外務大臣を訪問し,2023年G7サミットの広島開催の要望を行いました。

2023年G7サミット広島誘致推進協議会の設立及び開催

 令和4年1月26日(水曜日)に,「2023年G7サミット広島誘致推進協議会」を設立し,初会合を開催しました。

誘致表明の共同会見

 令和3年11月30日(火曜日)に,広島県,広島市,広島商工会議所の三者で誘致表明の共同会見を行いました。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする