このページの本文へ
ページの先頭です。

保有技術紹介セミナーを開催しました。【10/24開催】

印刷用ページを表示する掲載日2019年10月29日
セミナーへのご参加,誠にありがとうございました。参加人数47名

セクション1の口頭説明の様子を撮影した画像です。セクション1の実演,展示の様子を撮影した画像です。セクション2の口頭説明の様子を撮影した画像です。セクション2の実演,展示の様子を撮影した画像です。


測定・評価・シミュレーション技術など『見える化技術』を中心にセンターの保有技術の紹介を行います。口頭説明の後,実演・展示をご覧いただきます。

日時

令和元年10月24日木曜日の13時30分から16時45分まで

場所

西部工業技術センター 呉市阿賀南二丁目10-1

参加料

無料です。

プログラム

口頭説明(ショートプレゼン) 13時30分から14時10分まで(40分)

セクション1 【2階 小研修室】 

  1. 熱電対では測定困難な瞬間の温度変化を取得する光ファイバー型放射温度計を用いた温度測定技術
  2. 実部品構造体の断熱性能を把握する熱測定技術
  3. 射出成形中の繊維含有溶融樹脂粘度を測定する樹脂粘度パラメータ取得技術
  4. CFRP部材のエネルギー吸収量をFEMシミュレーションで評価する技術
  5. 樹脂材料の組成・構造の分布やその変化を明らかにする顕微赤外分析技術

セクション2 【4階 大研修室】 

  1. 金型なしで金属薄板をフレキシブルに曲げ加工する成形機
  2. 高齢者の歩行の健全性を簡便に評価するシステム
  3. エンドミル加工のびびり振動を予測するNCシミュレータ
  4. 自動検査の事前検討などを目的とした撮影用設備
  5. 東部工業技術センターに導入する摩擦撹拌接合装置及び関連セミナーの紹介
口頭説明の会場は,お申込み人数等により,立見となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

実演・展示 14時15分から16時45分まで(150分)

セクション1 【実験棟ほか】 

  1. 金属表面の非接触測温実演,単色及び二色方式の性能比較
  2. 自動車バックドア断熱性能測定実演
  3. 樹脂粘度測定実演
  4. 落錘試験機によるヘルメットの破壊実験
  5. 顕微赤外分析によるラミネートフィルム等微小材料の分析事例紹介

セクション2 【4階 大研修室ほか】 

  1. 金型なしフレキシブル曲げ加工状況の動画再生及び加工品の展示
  2. センシングシューズによる歩行測定及び健全性評価の実演
  3. NCシミュレーションデモ及び切削加工品の展示
  4. 自動検査事前検討用照明・カメラ等の機器展示

申込方法

令和元年10月23日までに次のいずれかの方法で必要事項(企業団体名,連絡先電話番号,申込代表者メールアドレス,氏名等)をご連絡ください。

web申込

E-mail wkcgijutsu@pref.hiroshima.lg.jp

ファクシミリ 0823-74-1131

参加申込票に記載された個人情報の取り扱い

関係法令に従い,法令等で別に定める場合を除き,目的外使用は行いません。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする