このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルス感染症クラスター発生事例を踏まえた感染防止対策等に関する研修会

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月10日

 令和4年4月25日(月),26日(火),27日(水)に,「新型コロナウイルス感染症クラスター発生事例を踏まえた感染防止対策等に関する研修会」を実施しました。

開催趣旨

 新型コロナウイルス感染症の第6波においては,これまでに経験したことのない爆発的な感染拡大が続く中,高齢者施設等において多数のクラスターが発生し,高齢者であっても中等症・重症以外の方は,自宅若しくは入所施設等での療養をせざるを得ない事例が多数発生しました。
 そこで,クラスター対応の実践例を踏まえた感染防止対策等の見直しを図るとともに,施設療養時における医療の速やかな提供を目的に,研修会を開催しました。

概要

開催方法

Web開催

次第

1.開会あいさつ (0:19~) 
  広島県感染症・疾病管理センター長 桑原 正雄

2.新型コロナウイルス感染症の発生状況(第6波を中心に) (3:20~)
  広島県新型コロナウイルス感染症対策担当 担当課長 渡部 滋

3.感染対策の課題について (9:33~)
  社会福祉法人あと会 特別養護老人ホームでじま・くにくさ
  施設統括部長 藤原 由美子,看護主任 今本 聖

4.クラスター発生事例を踏まえた感染予防,感染制御について (21:50~)
  安佐医師会病院開設準備室 大野 公一

5.クラスター発生時の業務継続支援について (36:38~)
  広島大学大学院医系科学研究科 田治 明宏

6.高齢者施設等における治療支援の強化について (47:22~)
  広島県健康福祉局 総括官(健康危機管理) 平中 純

7.薬の調達,医療機関との連携等について (1:01:26~)
  広島県健康福祉局薬務課

8.人材支援,BCP,衛生資材の調達について (1:13:05~)
  広島県健康福祉局医療介護基盤課

9.閉会あいさつ (1:20:46~)
  広島県感染症・疾病管理センター長 桑原 正雄

対象者

入所,居住系の高齢者施設及び障害者施設等の管理者,医療職及び感染症担当者 等

研修資料

研修動画

 社会福祉施設における感染防止対策を考えるための資料として,活用していただけると幸いです。
 下記のURLからご視聴ください。
 各講義の開始時間は,上記次第に記載のカッコ書き内の時間を参照してください。
   https://zoom.us/rec/share/B3_CZ6uOuz_GIa_coXChuCzFy4H1VNWS3N4vcx-HnJQsfEkrx3rwPMvVNCbxg.Mv4jxszkclOA_Xwd

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする