このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県外の医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断され、広島県内で療養されている方へ

印刷用ページを表示する掲載日2022年9月26日

県外の方向け登録センターについて

こちらは、広島県外の医療機関で新型コロナウイルス感染症の陽性者と診断され、広島県内で療養されている方へのご案内です。

概要

広島県外の医療機関で新型コロナウイルス感染症の陽性者と診断された方で、自宅療養セットや宿泊療養などの行政サービスを希望される方の登録を行います。(県内の医療機関で陽性者と診断された方は、医療機関から報告がありますので、SMS(ショートメール)が届くまでしばらくお待ちください。)  

対象者

〇以下の要件をすべて満たす方

・広島県外の医療機関で新型コロナウイルス感染症の陽性者と診断され、広島県で療養されている方
・届出対象に該当しない方
   
※65歳以上の方、入院を要する方、重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方又は重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方、妊婦の方は、受診した医療機関から保健所へ発生届が出ますので、こちらの登録センターにはご登録できません。

準備物

(1)本人確認書類
 
下記の書類のうちいずれか一つ(申請時に氏名・生年月日が確認できる写真データを添付していただきます)
   〇運転免許証、マイナンバーカード(表面のみ)
   〇健康保険証、年金手帳、年金証書(※1)
   〇パスポート、在留カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書
 ※未成年の場合は、保護者の同意のもと保護者の氏名や本人確認書類の登録が必要となります。
 
●本人確認書撮影の注意事項
  ・本人確認書類が撮影枠から出ていないか
  ・すべての項目が鮮明に映っているか

  ・氏名、生年月日が表示されているか
  ・マイナンバーカードの裏面には個人情報が記載されているため、絶対に送信しないでください

●保険証等送付の注意事項
(※1)の健康保険証、年金手帳、年金証書を本人確認書類とする場合は、保険者番号及び被保険者記号・番号、基礎年金番号等が確認できないようにマスキングして撮影いただく必要があります。
必要なもの:付箋・マスキングテープ・はさみ等
マスキングする際、必要な情報(氏名、生年月日)が隠れないようにご注意ください。画像編集アプリやソフト(ペイントなど)で隠しての本確認資料の撮影は無効となります。正しくマスキングされていない場合は、登録受付できません。
健康保険証添付例
 
(2)陽性と診断されたことがわかる書類
 
〇県外の医療機関で実施された検査の結果がわかる書類
 
上記の書類がない場合(下記の書類のうちいずれか一つ)
〇診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)
〇診療費請求書兼領収書(コロナ診療に関する記載が確認できるもの)

登録方法

  1. 登録ページにアクセスしてください。
  2. 申込フォームに必要事項を記入の上、スマートフォンやタブレット等で、本人確認書類と陽性と診断されたことがわかる書類の写真を撮影し、アップロードします。
  3. 内容確認後、登録完了をメールで連絡します。
  4. 自宅療養者相談センターからSMS(ショートメール)による療養のご案内があります。

   登録ページは、こちらからご確認ください。

 受付時間

  24時間受付(土日祝日も受付)

お問合せ先

  登録センター
  082-569-8070
  受付時間:9時00分~17時00分(無休)

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする