このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県民の医療や健康等個人情報にブロックチェーン型情報管理と情報信託機能

印刷用ページを表示する掲載日2018年12月5日

県民の医療や健康等個人情報にブロックチェーン型情報管理と情報信託機能

実証事業内容

課題

AI/IoTプラットフォームの中で、個人に由来するデータは基本的に商品価値を有する。ヘルスケア産業市場をはじめ、個人管理されているデータは、異業種間の交換ニーズが高い反面、交換するデータの加工作業や提供範囲の判断などのシステム課題もある。
Society5.0を実現するには、新たなデータ交換に対する同意形成の仕組みが求められる

課題解決に資するAI/IoTサービス

個々人が自分のデータを把握しセキュアに管理するとともに、個人の判断に基づき、第三者(他の事業者)にデータを提供したり、その対価(TOKEN等)を受け取ったりすることが出来る情報信託機能を、AI/IoTプラットフォームに付加することで、データ流通を促進。

本実証実験に係るニュース記事

実証事業の様子

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする