このページの本文へ
ページの先頭です。

【開催結果】ひろしまサンドボックス作戦会議 第2回(防災編)について

印刷用ページを表示する掲載日2019年7月24日

ひろしまサンドボックス 作戦会議第2回(防災編) を開催しました!

サンドボックス
<開催背景>
5/20に開催させて頂きました,ひろしまサンドボックスチャレンジ大作戦にて,会員の皆様から,「課題解決のためにこんなチャレンジをしたい。」「こんなサポートがあったらいい。」という意見をお聞きし,ひろしまサンドボックスをみんなで考える”作戦会議”を行いました。
イベント当日は,農林水産,観光,ものづくり,Maas,スマートシティという5つのテーマに分け,作戦会議を行いましたが,その中で,スマートシティの「防災」の課題を議論したグループのメンバーが,引き続き検討を進めていた地域の新たな避難システムのプランをプレゼンし,一緒に取り組む仲間を募集する作戦会議の第2回目(防災編)を開催することとなりました。
<開催場所>
日時:2019年7月18日(木曜日)
10時00分~12時00分
場所:イノベーション・ハブ・ひろしま Camps
(広島県広島市中区紙屋町1丁目4−3 エフ・ケイビル1F)

開催内容

 <第1部> 
地域における新たな避難システム案のご紹介
 防災士会 広島県支部 山内氏(NTT西日本)
AI土石流センサのご案内
  国立研究開発法人産業技術総合研究所 三島氏
事業化における作戦会議

<第2部>
避難の仕組みのあり方等に関する作戦会議(ワークショップ&プレゼンテーション)
ネットワーキング(交流会)

<主な内容>
第1部では,防災士の山内様ご提案の地域における新たな避難システムや革新的で安価なAI土石流検知システムのご紹介などから,システムを実際に実現していくために必要なことを参加者の知見を合わせながら,ディスカッションを行いました。
達成すべき課題の洗い出しや新たなシステム構成の観点が得られ非常に有意義なものとなりました。そして,山内様の避難システムに興味をもたれ,一緒にぜひ取り組みたいという仲間も見つけることができ,ディスカッションを成功させることができました!

第2部では,避難の仕組みのあり方等について,「避難意識をどのように向上させるか」「どのようなマネタイズするか」などをテーマに,作戦会議(ワークショップ&プレゼンテーション)を行いました。
作戦会議では,熱い想いと知見を持たれた方が集まったことにより,実現性のあるアイデアも創出され,参加者間で共有することが出来ました。

ひろしまサンドボックスでは,様々なテーマで,このような熱い想いを持った方が集まれる場作りを引き続き支援させて頂きます!
作戦会議
AI土石流センサ紹介

当日資料

問合わせ先

広島県商工労働局イノベーション推進チーム 北岡・尾上・岩男
Tel:082-513-3348
Fax:082-223-2137
Mail:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする