このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年度国保事業費納付金及び市町村標準保険料率に係る本算定(国が示す確定係数を用いた算定)の結果について

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月15日
国民健康保険の安定的な財政運営を図るため,平成30年度から都道府県も保険者として財政運営の責任主体になることに伴い,国から示された算定方法及び確定係数に基づき,平成30年度の国保事業費納付金(市町から県へ納付するもの)及び市町村標準保険料率(県が市町へ示す保険料率)の算定を行い,1月31日に開催した県国保運営協議会の審議を経て,県が示す標準保険料率を決定しました。

平成30年2月15日 公表資料

平成30年度国保事業費納付金及び市町村標準保険料率に係る本算定(国が示す確定係数を用いた算定)の結果について

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする