ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 子育て・少子化対策課 > イクちゃん大使7名が任命されました!

イクちゃん大使7名が任命されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月3日更新

 広島県では,6月上旬に県が行う子育て支援・少子化対策の取り組みや機運醸成などに協力いただく「イクちゃん大使」を公募しました。

 県内から7名の御応募をいただき,全員を大使として任命することとし,平成26年6月19日(木曜日)に開催した,「出会い・育児の日」(愛称:イクちゃんの日)おひろめイベントにて,湯崎知事から任命書が交付されました。

 今後1年間,「イクちゃん大使」には,啓発イベントや等で広告塔としてご活躍いただく予定です。

6月19日① 6月19日② 6月19日③

湯崎知事から任命書が交付されました!

イクちゃん大使7名のご紹介

倉田 倉田 郁実さん(広島市南区在住 9か月)

母:三枝子さんのコメント

 娘には,様々なことに興味をもち,チャレンジする子になって欲しいと考えています。
 「イクちゃん大使」が,そのはじめの一歩になればと思っています。

松尾 松尾 郁真さん(竹原市在住 4歳保育園児)

母:千織さんのコメント

 保育所の所長先生から、「イクちゃん大使に応募してみたら」と教えて頂いたのが、応募したキッカケです。
 保育所でお友達や先生達から、いくちゃんという愛称で呼ばれています!

 林 林 郁実さん(庄原市在住 11歳小学生)

 毎月19日が「ボクの日」になるとは思ってもいませんでした。
 これからは,僕の名前を大切にします。

角 角 育実さん(広島市安佐南区在住 21歳大学生)

 21歳になり,結婚や子育てについて関心をもったから応募しました。

生田 生田 晴菜さん(尾道市在住 23歳保育士)

  保育士として働いていることから、日頃から子育て支援活動に関心があり、様々な出会いを通じて得た情報を
多くの保護者や興味のある方に発信する中で、支援の輪を広げるお手伝いをしたいと思い応募しました。
 元気に頑張ります!

馬本 馬本 郁美さん(広島市西区在住 31歳子育て中)

 ゼロ歳児を含む3人の男児を育てている私が大使になることで、子育て中で社会活動から遠ざかっているママ達を
勇気づけることが出来るのではと思い、応募しました!

太田 太田 郁恵さん(広島市安芸区在住 32歳子育て中)

 二児の母です。子育ての中でイクちゃんマークを意識するようになり、もっと多くの方や企業さんにこの活動を広める
お手伝いがしたいと思ったから応募しました。
 楽しいことやお得な情報を人に伝えるのが大好きです!

 


県政ピックアップ