ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 地域産業・地場産業 > 矢野かもじ(やのかもじ)

矢野かもじ(やのかもじ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月15日更新

 <広島県指定伝統的工芸品>

◇沿革・特徴

 髢(かもじ)とは,女性が日本髪を結う時に,髪型を整えたり,中に入れ込んだりする「付け毛」のことで,広い意味で「かつら」も含まれます。
 矢野かもじは,江戸時代に大坂屋吉兵衛が創業したとされています。
 広島市安芸区矢野付近でとれるまさ土が,かもじの製造工程で重要な油抜きに適しており,また洗い流すために必要な水も豊富であることから,かもじづくりが盛んになりました。
 現在では,日本髪かつらの手植えの技術を応用し,ファッション性の高いヘアピースや医療用ウィッグが主に製造されています。

◇原材料

 人毛

◇主な製品

 かつら,ヘアピース,医療用ウィッグ

◇指定年月日矢野かもじ

 平成3年4月8日

◇製造者

 株式会社クスノキ
 〒736-0083  広島市安芸区矢野東五丁目1-15
 電話:082-888-0107

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ