このページの本文へ
ページの先頭です。

構造改革特区制度とは

印刷用ページを表示する掲載日2019年1月30日

 構造改革特区制度は,地方公共団体や民間事業者の皆さんからの自主的な提案により,地域の特性に応じた規制の特例を導入する特定の区域を設けることで,地域の独創的な構想を最大限実現するための環境整備を図る制度です。
  構造改革特区制度の導入により,地域特性に応じた産業の集積や新規産業の創出が図られ,地域経済が活性化すること,また,特定地域における成功事例が全国的な構造改革へと波及することが期待されています。
  広島県では,多様な産業集積,技術,人材などの幅広いストックを生かし,産業の活性化を図るために,これまで6件の特区を申請し,認定を受けています。

関連情報

 【リンク】

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする