このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

平成30年度ひろしま医療関連産業創出支援事業費補助金に係る採択結果のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月27日

1.事業の目的など

県内に事業所を有する「ひろしま医療関連産業研究会」の会員企業が,医療機器などの製品化・事業化のための研究開発など医療・健康関連分野への新規参入や,当該分野での事業拡大に取り組む場合に,その経費の一部について補助金を交付することによって,本県が次世代産業と位置づける医療・健康関連産業の振興を図ることを目的としています。

2.事業概要(対象者,補助区分,補助率,補助限度額,補助対象経費など)

(1)対象者

県内に事業所を有する「ひろしま医療関連産業研究会」の会員企業が策定した
(1)医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」という。)第2条第4項に規定する医療機器及びこれらの部品,部材 又は
(2)医薬品医療機器等法第2条第9項に規定する再生医療等製品及びこれらの関連資機材 又は
(3)福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律第2条に規定する福祉用具及びこれらに類するもの
の製品化・事業化のための研究開発など医療・健康関連分野への新規参入や,当該分野での事業拡大を図るための事業活動(通常の生産活動を除きます)

(2)補助区分,補助率及び補助限度額

補助区分

連 携 タ イ プ

一 般 タ イ プ

2者以上の事業者※1が連携して実施する医療関連産業創出事業又は医療機関,大学等と連携して実施する臨床研究等※2を含む医療関連産業創出事業

その他の医療関連産業創出事業

補助率

補助対象経費の3分の2以内

補助対象経費の2分の1以内

補助限度額

600万円

300万円

 ※1 「事業者」とは,県内に事業所を有するひろしま医療関連産業研究会会員企業をいい,2者間に資本関係がある場合は該当としない。

 ※2 「臨床研究等」とは,医療機器等の臨床研究,治験,製造販売後臨床試験をいい,倫理委員会での審査を要する案件とする。

(3)補助対象経費

1)事前研究・可能性調査(F/S)に要する経費
2)研究開発・技術開発に要する経費 
3)事業化・販路拡大に要する経費

3.採択結果

審査の結果,5件(連携タイプ 3件,一般タイプ 2件)の事業が採択されましたのでお知らせいたします。

交付決定事業一覧(平成30年度)

 

補助区分

企業

法人番号

所在地

事業概要

連携

(株)ユニタック

(広島大学)

6240001038670

尾道市

(東広島市)

国産初となる下肢静脈瘤治療用レーザ装置の市場投入

連携

(株)ジェイ・エム・エス

(佐賀大学,大下産業(株))

5240001004384

広島市中区

(佐賀市,広島市)

透析シャント形成時に用いるワンタッチで血管に脱着可能な低侵襲カニューレの開発
連携

(株)コーポレーションパールスター

(広島大学)

2240001023288

東広島市

(東広島市)

自社医療用繊維製品のリンパ浮腫治療等への新たな展開
一般 (株)モルテン 8240001011790 広島市西区 在宅要介護者をターゲットとした高機能な移動機器・移乗用具の開発
一般 (株)キャステム 4240001034952 福山市 医療機器製造に関する国際規格認証の取得による医療分野の受注拡大

※ 連携タイプの企業欄及び所在地欄の( )内は連携先

 

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする