ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 医工連携推進プロジェクト・チーム > 医療・福祉イノベーション推進フィールドの募集について

医療・福祉イノベーション推進フィールドの募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月11日更新
 広島県では,医療関連産業クラスターの形成(※)をより力強く推進するため,大学・病院などと連携し,様々な実証実験を行うことのできる『実証フィールド』を構築することとしました。
 その『実証フィールド』の一つが,「医療・福祉イノベーション推進フィールド」です。
 このフィールドでは,大学での技術検証や医療機関・福祉施設での評価などを通じて,医療・福祉関連の製品・試作品・サービスを開発・改良し,付加価値の高い製品・ビジネスモデルを創出することを目指しています。
(※)医療関連産業クラスターの形成
 広島県では,医療関連産業を本県の新たな産業の柱と位置付けており,クラスター形成という目標に向けて平成24年7月に「医療関連産業クラスター アクションプラン」を策定しました。実証フィールドの構築は,本アクションプランの中の基本戦略4:「ひろしまの技術を応用したビジネスの創出」における重要な取組となります。

1.概要

 「医療・福祉イノベーション推進フィールド」では,医療や福祉分野,融合領域で,付加価値が高い機器・サービスを対象に,平成26年度中に十数件のプロジェクトを試行していきます。
 その中で,制度の課題チェック・改良を繰り返しながら,平成27年度の本格運用を目指してフィールドの整備を行っていきます。
医療・福祉イノベーション推進フィールドのイメージ図

2.実証フィールドの形態

医療・福祉系大学のネットワークを活用した実証フィールド
市町を中心とした実証フィールド
医療機関,福祉施設等の実証フィールド

3.現状

 現在,次の6つのプロジェクトについて事業実施しております(予定を含む)。
実証フィールドの現状

4.実施事業者の募集

 現在,このフィールドを活用して,事業を実施する企業を募集しています!!
 興味のある方,詳しい内容を知りたい方は,お気軽にお問合せください。

このページに関連する情報


県政ピックアップ