このページの本文へ
ページの先頭です。

平成30年7月豪雨による公共土木施設災害の対応状況について(平成30年12月27日現在)

印刷用ページを表示する掲載日2018年12月28日
12月27日現在の対応状況をお知らせします。

災害査定結果及び復旧工事の発注状況

災害査定結果について

当事務所の災害査定は9月から始まり,約4か月間かけて12月27日に終了しました。
複数の被災箇所を統合したことで最終的に箇所数は減りましたが,決定金額は約24.5億円に上り,発災当初の見込みを大きく上回る結果となりました。
引き続き,準備が整った箇所から順次,復旧工事に着手し,既に発注済みの工事と合せて早期完成を目指してまいります。
決定箇所数・決定金額(H30.12.27決定(単位:千円))
河 川 砂防設備 道 路 合 計
箇所 金額 箇所 金額 箇所 金額 箇所 金額
111 1,916,066 24 357,616 8 174,981 143 2,448,663

 

復旧工事の発注状況について

12月27日現在の発注状況は次のとおりです。
発注箇所数・発注率(H30.12.27現在・箇所ベース(※))
河 川 砂防設備 道 路 合 計
箇所 発注率 箇所 発注率 箇所 発注率 箇所 発注率
50 45.0% 4 16.7% 8 100% 62 43.4%

 ※ 入札手続き中の箇所も含む

7月豪雨災害に関するこれまでの対応状況について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする