このページの本文へ
ページの先頭です。

地域整備計画実施方針と社会資本ストック効果

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月8日

1 地域整備計画実施方針

社会資本未来プラン,事業別整備計画などの各計画の内容を事務所別に集約整理し,各事務所ごとに地域整備計画実施方針(期間:平成28年度~平成32年度)を策定しました。

2 社会資本ストック効果

 道路やダムなどの社会資本が整備されると,人や物の流れの効率化や,災害が起きにくく便利で安全・安心な地域が形成され,新たな企業立地による雇用の拡大や観光圏域の拡大による観光客の増加などが期待されます。このように,社会資本が継続的かつ中長期的に,地域経済の発展や県民生活の向上をもたらす効果を「ストック効果」といいます。
 三原支所における社会資本ストック効果の主な事例を紹介します。

3 社会資本未来プラン・事業別整備計画へのリンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする