このページの本文へ
ページの先頭です。

全力工事中!!! 神辺バイパス!!!

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月5日

寒い時期が続きます。積雪もあり,工事が思うように進みませんが,1月も,全力で工事を行いました。
1月の進捗状況について,お知らせします。

国道313号 神辺バイパスの進捗状況(1月末現在)

写真の位置図

◇写真(1):起点(福山側)から神辺トンネルを望む

福山側から神辺トンネルを見た写真

1月は赤丸部分の交差点を閉鎖してコンクリート擁壁や盛土を施工しました。
また,神辺トンネルにLED照明を設置しました。(詳細は,後述の“今月の一押し”に記載しています。)
2月は本線部分の盛土,歩車道境界ブロック,付替え道路の舗装,除草コンクリートの施工を進めてまいります。

◇写真(2):終点(井原側)から神辺トンネルを望む

井原側から神辺トンネルを見た写真

1月は青線枠箇所の補強土壁(垂直の壁),水路,盛土を施工しました。
2月は引き続き,補強土壁(垂直の壁)を施工する予定です。また,赤線枠箇所の法面(のりめん)にモルタルや緑化材を吹付けていきます。

◇写真(3):終点(井原側)付近の状況

井原側付近の写真

1月は現況の歩道盛土,円形側溝,水路を施工しました。また,工事に影響のある電柱の移転を行いました。
2月も引き続き,同様の工事を施工する予定です。

◆今月の一押し(LED照明工事)

神辺トンネルのLED照明を設置しました。
コンクリート舗装前から,コンクリート舗装施工後,さらにLED照明施工後,の各段階を経て,各段にトンネル内が明るくなりました。

◇写真(4)コンクリート舗装施工前
路面の土が光を吸収し,トンネル内が暗く見えます。

コンクリート舗装前のトンネル内の状況

◇写真(5)コンクリート舗装完成後
路面のコンクリートが光を反射し,トンネル内が少し明るくなりました。

コンクリート舗装後完成後の状況

◇写真(6)LED照明施工後
LED照明のおかげで,トンネル内がとても明るくなりました。

LED照明施工後の状況

◇写真(7)LED照明の灯具
黄色っぽく見える箇所がLED照明になります。点灯すると,光が強く,うまく写真が撮れないため,消灯した状態で撮影しています。

LED照明の灯具

トンネル内では,トンネルの外の明るさを感知して,部分的に消灯して明るさを調整します。
晴れた日の昼間など,トンネルの外が明るい時は,トンネル内も明るくします。反対に,夜間など外が暗い時は,トンネル内も暗くします。
家などで考えれば,昼間は照明をつけず,夜に照明をつけることが多いため,おかしな感じがしますが,トンネルの場合は,明るいところから暗いところに急に移動するため,運転時に前が見えにくくなり,運転しづらくなることがあります。(明順応・暗順応)
このように,見えにくくなった際の事故を防止するために,トンネル内では,照明により,明るさを調整しています。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする