このページの本文へ
ページの先頭です。

下井仁725地区急傾斜地崩壊対策工事が完成(平成26年12月)

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月13日

平成26年12月に山県郡安芸太田町中筒賀の下井仁725地区において,急傾斜地の崩壊を防止するための工事が完成しました。

 下井仁725地区において,平成22年8月から急傾斜地の崩壊を防止するための工事を進めてきましたが,この度,完成しました。この整備によって,人命を急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)から守り,地域の安全・安心なくらしの向上を図ることができます。
 なお,周辺の景観を損なわないように,擁壁工の前面には石の形の化粧型枠を使用し,吹付法枠工の枠内は植生を図りました。
工事完成写真
擁壁の写真

事業概要

事 業 名:下井仁725地区急傾斜地崩壊対策工事

事業箇所:山県郡安芸太田町中筒賀

事業概要:吹付法枠工A=1926m2,擁壁工L=191m

事 業 費:約2億6千万円

事業期間:平成21年7月~平成26年12月

位置図

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする