このページの本文へ
ページの先頭です。

2019年工業統計調査結果【確報】について

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月16日

2019年工業統計調査結果の速報を公表しました。
全国の製造事業所を対象として,令和元年6月1日現在で実施した工業統計調査の広島県分の状況(従業者4人以上の事業所)を,確報としてとりまとめたものです。

(1)調査結果のポイント
 
~製造品出荷額等,付加価値額とも前年と比べて減少~

□ 製造品出荷額等は10兆397億円で全国11位,付加価値額は2兆9125億円で全国13位

□ 製造品出荷額等は前年より7億円減少し,中国・四国・九州地方で平成15年以来15年ぶりに2位(全国10位の福岡県と入れ替わり)

□ 付加価値額は前年より2655億円減少したが,中国・四国・九州地方で8年連続1

《全体の状況》(表1)

◆ 事業所数は,4688事業所(前年比2.4%減〔114事業所減〕)で3年連続減少

◆ 従業者数は,22万240人(前年比1.5%増〔3341人増〕)で6回連続増加

◆ 製造品出荷額等は,10兆397億円(前年比0.0%減〔7億円減〕)で2年ぶり減少

◆ 付加価値額は,2兆9125億円(前年比8.4%減〔2655億円減〕)で3年連続減少

表1 主要項目の状況(従業者4人以上の事業所)
 

広島県

全国

実 数

前年から
の増減数

前年比
(%)

全国シェア
(%)(前年)

全国順位
(前年)

実 数

前年比
(%)

事業所数(所)

4,688

△114

△2.4

2.5(2.6)

15(14)

185,116

△1.7

従業者数(人)

220,240

3,341

1.5

2.8(2.8)

10(10)

7,778,124

1.0

製造品出荷額等(億円)

100,397

△7

△0.0

3.0(3.1)

11(10)

3,318,094

4.0

付加価値額(億円)

29,125

△2,655

△8.4

2.8(3.1)

13(11)

1,043,007

0.9

《産業別の状況》

◆事業所数は3業種で増加,3業種で横ばい,18業種で減少。前年より増加数が最も多いのは「金属製品製造業」(6事業所増),減少数が最も多いのは「食料品製造業」(21事業所減)。

◆従業者数は14業種で増加,10業種で減少。前年より増加数が最も多いのは「プラスチック製品製造業」(1053人増),減少数が最も多いのは「生産用機械器具製造業」(455人減)。

◆製造品出荷額等は14業種で増加,10業種で減少。前年より増加額が最も多いのは「鉄鋼業」(569億円増),減少額が最も多いのは「輸送用機械器具製造業」(1085億円減)。

◆付加価値額は14業種で増加,10業種で減少。前年より増加額が最も多いのは「プラスチック製品製造業」(249億円増),減少額が最も多いのは「輸送用機械器具製造業」(2364億円減)。

《市町別の状況》

◆事業所数は4市町で増加,1町で横ばい,18市町で減少。前年より増加数が最も多いのは呉市(6事業所増),減少数が最も多いのは福山市(41事業所減)。

◆従業者数は14市町で増加,9市町で減少。前年より増加数が最も多いのは東広島市(1458人増),減少数が最も多いのは呉市(233人減)。

◆製造品出荷額等は11市町で増加,12市町で減少。前年より増加額が最も多いのは福山市(672億円増),減少額が最も多いのは広島市(408億円減)。

◆付加価値額は10市町で増加,13市町で減少。前年より増加額が最も多いのは府中市(122億円増),減少額が最も多いのは広島市(2080億円減)。

(2)公表資料

詳しくは工業統計調査結果データのページをご覧ください。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする