このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

3 農薬を選ぶ前に

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月14日

←防除基準トップページへもどる 

目次 

(1) 薬剤感受性低下を招かないために

(2) 農薬の作用機構による分類表

(1) 薬剤感受性低下を招かないために 

農作物にはいろいろな種類の病気,害虫が発生します。これらの病害虫に対し,様々な種類の農薬が使用されます。ある病気(害虫)に対し,同一の(もしくは同一の系統の)農薬を連続して使用すると,次第にその農薬の効果が低下することがあります。この現象を「感受性低下」と呼びます。

感受性低下を起こしやすい農薬のグループはいくつか知られています。殺菌剤については,日本植物病理学会が該当する農薬グループについての使用ガイドラインを定めています。

リンク:日本植物病理学会 殺菌剤耐性菌研究会HP (殺菌剤使用ガイドライン)

(2) 農薬の作用機構による分類表

    ア 殺虫剤,殺ダニ剤 (PDFファイル(152KB));農薬工業会HPより転載)

    イ 殺菌剤 (PDFファイル(79KB));農薬工業会HPより転載)

    ウ 除草剤外部リンク (農薬工業会のページに移動します。リンク先のPDFファイルを参考にしてください。)

 

ダウンロード用

PDFファイル(84KB)Wordファイル(15KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする