このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

お好み焼き(広島市)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

お好み焼きの写真

  お好み焼きは広島の味で,広島っ子には昔から人気のある食べ物です。最近は,冷凍食品にもなり全国で販売されるなど人気は高まっています。

  広島風お好み焼きは,戦前,「一銭洋食」の名で親しまれていたものが工夫を加えられ,現在の形になりました。

[焼き方]

  1. 水ときの小麦粉を鉄板の上にクレープ状に薄く丸く伸ばす。
  2. 粉ガツオ,キャベツ,モヤシ,豚肉,イカ,エビなどの具を山盛りにする。
  3. 好みでそばやうどんを加え,裏返して蒸し焼きにする。
  4. 火が通ると専用ソースをたっぷりかけ,青のりを振る。

[専用ソース]

  まろやかな味や焼けたときに香ばしさを出すため,塩分や酸味を押さえるなどの工夫が重ねられて,完成したといわれています。

 [お好み村]

  広島市中心部のビルの中にある「お好み村」は,気軽に行けるとして,広島を訪れた観光客に人気があります。
  現在では,冷凍食品として,広島のみならず東京,大阪のスーパーなどに置いてあるほか,JR,空港などで観光客への土産物としても販売されています。お好み村の写真


関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする