ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

インターンシップ

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月1日

趣旨

学生が主に次のことを体得して将来の職業選択に生かすため,就業体験を行っています。
(1)企業現場における「ものづくり」のシステム,考え方を学ぶ
(2)業務遂行の上でのコミュニケーション,役割分担,時間管理などのあり方,大切さを学ぶ
(3)職業人となるための自覚を養う
また,広島県の産業界と協力して地元企業への就職を目指すことを目的に,賛助会企業の協力を得て実施しています。

実施時期・期間など

  • 例年,2月中旬ごろ,1学年の学生を対象に実施しています。
  • 実施期間は1週間(正味,5日間)です。

実施方法

  • まず,賛助会会員の正に受入調査を実施します。
  • 次に,学生のまれ望を聞いて,受入企業とのマッチングを行います。
  • 学生はインターンシップ開始前にマッチングのとれた企業を訪問し,実習内容などを決定します。
  • インターンシップ終了後はインターンシップ発表会で報告を行います。

事務連絡(賛助会会員様)

インターンシップに係る手続などに必要な資料です。

インターンシップ調査回答用紙(Wordファイル) (41KB)

関連書類一式 (そのほかのファイル)(37KB)

インターンシップ報告書

平成29年度インターンシップ報告書 (PDFファイル)(10.37MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする