ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生産技術科

印刷用ページを表示する掲載日2018年4月10日

生産現場のリーダーになれる人材を育成します。

授業目標

ものづくりに関する幅広い知識・技能を習得し,機械部品を製作する上で起こる様々な技術的な問題を解決できる機械技術者を育成します。
実習風景 生産技術科の概要

授業概要

(1)工作機械を自由自在に操れる能力の習得

  • 旋盤、フライス盤、ボール盤等の汎用工作機械やマシニングセンタ、数値制御旋盤、レーザー加工機、ワイヤカット放電加工機等のNC工作機械を自在に操作して、思い通りの製品を加工できる技術と技能が身に付きます。

(2)自由な発想で設計製図等を行うことのできる能力の習得

  • 2次元CADや3次元CAD/CAM/CAEを用いて、自由に製図や解析、加工プログラムの作成等が行える技術と技能が身に付きます。

(3)ものづくりの革新が担える総合力の向上

  • 自ら自由な発想で構想・設計・製作することで、ものづくりの喜びと醍醐味を体感します。この過程を通じて、ものづくりの革新が担える総合力の向上を図ります。

授業内容

学科
社会体育 キャリア形成論 労働社会論 リーダーシップ
英語 工業数学 制御工学 電気概論
情報システム概論 工業材料 工業力学 材料力学
基礎製図 生産工学 安全衛生工学 機構学
機械要素 機械加工学 機械工作法 機械保全
金型概論 NC工学 油空圧制御 シーケンス制御
測定法 機械設計製図 CAD/CAM/CAE概論  
実技
基礎工学実験 電気基礎実験 情報処理実習 機械加工実習
NC加工実習 精密加工実習 測定実習 機械加工実験
油空圧制御実習 シーケンス実習 PLCシーケンス実習 製作実習
機械製図実習 機械設計製図実習 CAD/CAM/CAE実習 総合実習
インターンシップ CAD実習 専門実習  

授業紹介

(1) 機械加工実習

  • 主に旋盤、フライス盤等の工作機械を使用して、機械加工の基礎(図面を読む・金属を削る・測定する)を学び、0.01mm精度の製品を加工する技術を習得します。また、技能検定2級(国家資格)の取得も目指します。
    生産技術科機械加工実習

(2) 機械製図実習

  • 主にCAD(製図用ソフト)を用いて、機械部品の図面を作成します。機械製図の知識を身に付け、CADで自由に図面が描けるようになります。また、技能検定2級(国家資格)の取得も目指します。
    生産技術科製図実習

(3)NC加工実習

  • プログラムにより自動加工を行うNC(数値制御)工作機械(マシニングセンタ、ターニングセンタ等)の操作方法やプログラムの作成方法、工作物や工具の取り付けから運転までの加工技術を学びます。
    生産技術科NC加工実習

(4)CAD/CAM/CAE実習

  • 3次元CAD(パソコンで立体形状を作成する設計用ソフト)を用いて部品の立体モデルを作成し、次に、部品の加工データ(プログラム)を作成するCAMや部品の強度などを解析するCAEなどの最先端技術も学びます。
    生産技術科CADCAMCAE実習

(5) 測定実習

  • 測定器を用いて最小0.01mm精度の長さを正確に測定できるようになります。また、形状の直角や平行(幾何公差)、製品表面の粗さ(表面性状)等、測定ニーズに応じた測定機器の選択、測定方法、取り扱い等についても学びます。
    生産技術科測定実習

パンフレット(生産技術科) (PDFファイル)(2.57MB)もご覧ください。

校案内のパンフレットはこちら (PDFファイル)(4.91MB)です。

設備紹介

(1)5軸マシニングセンタ

  • プログラムにより自動加工を行う数値制御の工作機械(NC工作機械)です。前後左右上下の3軸の移動に加え、2方向の回転軸を持つことで複雑な立方体形状の加工が一度にできる高精度の工作機械です。
    生産技術科マシニングセンタ

(2)ターニングセンタ

  • プログラムにより自動加工を行う数値制御の工作機械(NC工作機械)です。材料を回転させ切削加工することで円柱形状を加工し、回転工具(ドリル等)を取り付けることで側面に穴あけ等の加工も同時にできます。
    生産技術科ターニングセンタ

(3)3Dプリンタ

  • 3次元CADで作成した立体モデルから、そのままプラスチック素材の製品を製作できるプリンタです。
    生産技術科3Dプリンタ

(4)3次元測定機

  • 製品の縦、横、高さの長さを測るだけでなく、直角や平行といった形状を高精度に計測でき、人の手では困難な曲面の形状も正確に測定できる測定機です。
    生産技術科3次元測定機

(5)レーザー加工機

  • プログラムにより自動加工を行う数値制御の工作機械(NC工作機械)です。CADで作成した図形の形状に従ってレーザー光の高エネルギーを局所的に照射することで、鋼板等を自由な形に瞬時に切断・穴あけ・彫刻することができます。
    生産技術科レーザー加工機

設備および授業風景についての動画もご覧ください。

卒業製作

(1)蒸気エンジンの製作

  • 「ミニ蒸気機関車を作りたい」との思いから、製作に取り組んでいます。部品の様々な要素について学びながら設計・加工を行い、完成に向けて取り組んでいます。オリジナル製品の完成を目指しているので、なかなか思うように進行しませんが、試行錯誤を繰り返すことで、設計と加工の両方の技術を身に付けられます。
    生産技術科蒸気エンジンの製作

 (2)ゼンマイ式振り子時計の製作

  • ゼンマイの動力と振り子の周期により時を刻む時計です。振り子の長さで周期(時間)を決定し、動力を歯車に伝えることで針を回転させます。秒針・分針・時針と正確に動力が伝わるように歯数を決定し、3次元CADで設計を行っています。加工には3次元プリンタとNC工作機械を使用しています。
    生産技術科ゼンマイ式振子時計の製作

(3)綿菓子機の製作

  • 子供に人気の綿菓子機です。ヒーターでザラメを溶かす皿を加熱し、センサで計測、温度調節器でヒーターをON/OFFして温度を一定に保ちます。3次元CADで設計や熱解析を行い、回転皿の形状を決めました。完成した綿菓子機で実験し、綿菓子ができる最適条件を決定していきます。
    生産技術科綿菓子機の製作

卒業製作予稿集

平成29年度卒業製作予稿集 (PDFファイル)(2.87MB)

卒業後の進路

主な就職先職種

  • 製造業(輸送用機械,一般産業機械 等)
  • 機械加工技術者
  • CAD/CAM技術者
  • 金型技術者
  • 設備管理技術者

主な就職先

五十音順(平成27年度から平成29年度までの実績)
※社会人入学を除く。( )は就職者数。

  • 中国職業能力開発大学校応用課程【進学】(1)
  • イームル工業株式会社(1)
  • 株式会社石崎本店(1)
  • カヤ工業株式会社(1)
  • 株式会社カシワバラ・コーポレーション(1)
  • 岸工業株式会社(1)株式会社楠木工業(1)
  • シーコム株式会社(1)
  • 株式会社島村製作所(2)
  • 第一設計株式会社(2)
  • 株式会社ダイコーテクノ(1)
  • 株式会社東洋シート(1)
  • 株式会社二上工作所(3)
  • 西川ゴム工業株式会社(1)
  • 株式会社日本製紙大竹サポート(1)
  • 株式会社ヒロコージェットテクノロジー(3)
  • 広機工株式会社(2)
  • 広島アルミニウム工業株式会社(4)
  • 株式会社広島クミアイ燃料(1)
  • フジガード株式会社(1)
  • 株式会社前川製作所(1)
  • 三島食品株式会社(1)
  • 株式会社メンテックワールド(1)
  • 株式会社やまびこ(2)

取得可能な資格

  • 技能検定 機械加工(普通旋盤作業)
  • 技能検定 機械加工(フライス盤作業)
  • 技能検定 機械加工(数値制御旋盤作業)
  • 技能検定 機械・プラント製図(機械製図CAD作業)
  • 3次元CAD利用技術者試験

在校生・卒業生の声(一例)

(1)在校生の声(A君)

  • 楽しい学生生活を送りながら安心して学習できる環境です。
    以前から機械を使ったモノづくりに興味がありました。普通科出身であったため今までできなかったことに挑戦しようと思い、この短期大学校に入学しました。
    学校の雰囲気はとてもよく、また先生方も分からない箇所は丁寧に教えて下さるので、工業のことに関して素人の僕にとって非常に安心できる環境です。

(2)卒業生の声(B君)

  • 以前からものづくりの設計業務に興味があり、将来そういった業務に携わりたいと思い、技術短大に入学しました。高校が普通科だったので、初めて習うことが多く戸惑いましたが、先生方やクラスメイトが分かりやすく教えてくれ、とても助かりました。
    現在は希望が叶い、設計業務に携わる仕事をしています。日々勉強の毎日ですが、一人前の仕事ができるように頑張っていきたいと思います。
    座学や実習のほかに学校行事も盛んで、少人数ということもあって先輩方や他学科の人達との交流が多いです。一年を通して歓迎会、球技大会、宿泊学習等のイベントが沢山あり、楽しい学生生活をしています。

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする