ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 県立技術短期大学校 > カリキュラムの特色

カリキュラムの特色

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月10日更新

目指すのは企業の中核となるエンジニア

基本的な技術に加え,即戦力となる技術を幅広く習得し, さらにコミュニケーション能力や企画力,リーダーシップを養い, 将来,会社のマネージメントにも携われる, 企業の中核となる「未来のエンジニア」を目指します。

技術短期大学校の特長

1 少人数制によるハイレベルな指導

知識や技能の習得のスピードは人によって異なります。その人の能力にあったフォローが大切です。当校では、1科20人という少人数制のもと、民間経験豊富な講師陣が、きめ細かい指導を行っています。また、実技は、さらに少人数のグループに分け、最大の効果が上がるようにしています。
校の特長1

2 実習に重点をおいた実践的な指導

知識を学ぶだけでは、仕事はできません。知識を実務で活かす能力が必要となります。当校は約6割が実習のため、学んだ知識や技術をしっかりと身に付けることができます。学科についても、パソコンやプロジェクターを活用して、効果的に理解できるようにしています。
校の特長2

 3 充実した設備とカリキュラム

当校は地元のものづくり企業で実際に使用している設備を多数取り揃えており、高度な設備もあります。これは、入社後にできるだけ早く即戦力となることを意図としたもので、カリキュラムも地域の最新のニーズに合わせて常に改編を行っています。これにより、学生は効率的に学習することができます。
校の特長3

4 県内トップクラスの高い就職率

県内のものづくり企業では、将来を担う若い人材が不足しています。当校の卒業生は実践的な技術・技能を身につけているため、企業から高い評価を得ています。当校の応援団である賛助会企業からの求人も多く、インターンシップ等を通じて就職に結びつくケースもあります。
校の特長4


県政ピックアップ