ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 県立呉高等技術専門校 > (呉高等技術専門校)訓練生の声

(呉高等技術専門校)訓練生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月5日更新

訓練生の声

1年課程
溶接加工科機械システム科
溶接加工科訓練生機械システム科
「面白い!」この一言に尽きます。溶接加工科では、溶接・板金・塗装などを学びますが、それらは自分の手を使い、五感で確認、調整するものがほとんどです。また、日常生活では、ほぼ触れない高温・高圧・高電圧の機器や重量のある金属も扱うため、常に安全を心掛けて作業します。根気と体力が要る訓練ですが、努力や工夫の結果が目に見えて分るので、とてもやりがいがありますし積極的にやればやるほど面白くなり、成果も現れます!元々営業の仕事をしていたので全く機械加工の知識がありませんでした。ですが、地元にある呉高等技術専門校を修了した友人に話を聞き、僕にもできるのかなぁと、不安もありましたが入校しました。初めはもちろんわからないことばかりで困惑しましたが、先生方から丁寧に指導して頂いて、今ではこの職種で働きたいと思うようになりました。転職は不安でしたが、今では機械加工を一から学べる専門校に感謝してます。

平成26年度生
溶接加工科 掲野 正樹さん

平成26年度生
機械システム科 阿部 孝一さん
6か月課程
ビルメンテナンス科医療介護事務科介護サービス科
ビルメンテナンス科訓練生医療介護事務科訓練生介護サービス科訓練生
私は、生涯に渡って生かせるような資格や知識を学びたく思いこの訓練コースを志望しました。高校で普通科だった私にとって、電気工事や危険物の勉強はなじみが薄く、最初は戸惑いましたが、やりがいもあり新鮮な気持ちで日々訓練に励みました。今後は、習得した知識・技能をもとに企業で『生きた人材』になると共に、実務経験を積み、ステップアップを図り、社会を支える人間になりたいと思います前職ではサービス業に従事していました。人と話すことが大好きで,子どもがいても働きやすく安定した仕事につきたいと思いこの科を選びました。6か月間で多くの資格を取得できます。毎月のように試験がありとても大変ですが,頑張ってこれたのは同じ目標を持ったクラスメイトがいたからだと思います。今後は専門校で学んだことと,これまでの仕事で培ってきたコミュニケーション能力を生かし,医療の現場で笑顔を提供していきたいと思います。介護関係の知識が全くないところからの受講。動作、言葉掛け、配慮、取り組む姿勢・・・。学ぶことが多く、奥が深く大変ですが、最も身近に現実として関わってくることだと思います。しっかり取り組み、自分の人生にプラスになるよう頑張りました。今後は御利用者様と一緒に笑ったり楽しんだりして、いつか「ありがとう。またお願いね。」と言って頂ける介護職員になりたいと思っています。
平成26年度生
ビルメンテナンス科 荒本直文さん
平成26年度生
医療介護事務科 栗元 佳代さん
平成26年度生
介護サービス科 猪木 亜由美さん

県政ピックアップ