このページの本文へ
ページの先頭です。

受動喫煙のない社会を目指して!

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月31日

みんなで受動喫煙のない社会を実現しましょう。

 5月31日は「世界禁煙デー」です。
また,5月31日から6月6日は「禁煙週間」となっています。
 今年度の禁煙週間のテーマは,「2020年,受動喫煙のない社会を目指して ~たばこの煙から子ども達をまもろう~」です。
 喫煙が健康に与える影響は大きく,受動喫煙の危険性やニコチンの依存性を踏まえると,喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題であり,生活習慣病を予防する上でも重要な課題といえます。

なくそう!望まない受動喫煙 ~マナーからルールへ~

 平成30(2018)年7月,健康増進法の一部を改正する法律が成立しました。
 このことで,望まない受動喫煙を防止するための取り組みは,マナーからルールへと替わりました。令和2(2020)年のこの法律の完全施行に向けて,段階的に取組がが進められていきます。
 詳しくは「なくそう!望まない受動喫煙(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。
 福山市では子どもやおなかの赤ちゃんをたばこの害から守るため,「福山市子ども及び妊婦を受動喫煙から守る条例」を,平成30(2018)年4月1日に施行しています。
 たばこの煙を吸いたくない意思をさりげなく伝える,イエローグリーン(黄緑色)のリボンを身につける取り組み(イエローグリーンリボン運動)をご存じですか。
 医師のサポートを受けながら禁煙に取り組める,「禁煙外来」のある医療機関をご存じですか。一定の条件を満たせば健康保険が適用されます。

受動喫煙防止ロゴ

問合せ先

東部保健所福山支所(保健課 健康増進係)
〒720-8511 福山市三吉町一丁目一番一号
電話:084‐921‐1417(直通)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする