このページの本文へ
ページの先頭です。

「口腔ケア推進に係る連携強化アンケート」を実施しました

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月27日
 当圏域では,広島中央地域(竹原市・東広島市・大崎上島町)住民の低栄養や誤嚥性肺炎を予防するため,フレイル予防を含めた栄養・口腔ケアについて包括的な支援やサービス提供体制の構築について,平成28年度から検討しています。
 今後の取組の拡大や事業継続を推進するための人材発掘や,地域との連携強化を図るための基礎資料として,歯科専門職等に対するアンケートを実施しました。関係の皆様には,お忙しい中アンケートに御協力いただきありがとうございました。
 

調査の概要

調査目的

地域包括ケアシステムの推進に向け,フレイル予防に重要な役割が期待される歯科専門職の人材発掘・現状把握及び地域との連携強化を図る。

調査期間

令和元年9月~11月

調査対象及び回答状況

調査対象及び回答状況

区分

施設・団体数

配付数(人)

回答数(人)

有効回答数(人)

回答率(%)

病院 5 12 5 5 41.7
歯科診療所 102 366 85 84 23.0
高齢者の施設 15 30 8 8 26.7
関係団体 5 6 6 6 100.0
127 414 104 103 24.9

調査項目

・活動地域

・所属(施設区分,職能団体)

・職種

・介護予防事業等の情報の必要性

・介護予防事業等の情報の入手先

・「地域ケア会議のための栄養・口腔アセスメントの視点」の活用

・訪問歯科診療や口腔ケアを行うときに困難なこと

・介護予防事業への興味,所属において可能な協力

調査結果

参考資料

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする