このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナウイルス感染症の影響により住宅の退去を余儀なくされた方に対する県営住宅の提供について

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月19日

 新型コロナウイルス感染症の影響による解雇等により住宅の退去を余儀なくされた方に対して,県営住宅を仮住居として有償提供します。

県営住宅の有償提供

1 対象者

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による解雇等により住宅の退去を余儀なくされた方,及び地方公共団体の要請により,インターネットカフェ等,居住が不安定な方で一時的な居所を失った方

2 提供住宅等

(1)提供する県営住宅(75戸)
 [内訳]広島市37,安芸郡海田町10,安芸郡坂町6,廿日市市3,呉市3,東広島市2,竹原市3,三原市1,尾道市5,福山市2,三次市2,庄原市1

(2)提供する期間
 当面6か月間とします。

(3)使用料
 月額8,200円~23,900円程度(住宅により異なります。)

(4)備品等
 浴槽,ボイラー,照明器具及びガスコンロは,県負担により設置します。

3 提出していただく書類

(1)解雇通知,離職証明等

(2)住民票の写し

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする