このページの本文へ
ページの先頭です。

令和元年10月1日から構造計算適合性判定の手数料が変わります

印刷用ページを表示する掲載日2019年8月1日
  • 消費税法の改正に伴い,令和元年10月1日以降受付分から広島県が行う構造計算適合性判定の手数料が変わります。

広島県が行う構造計算適合性判定の手数料の変更内容

広島県が行う構造計算適合性判定の手数料の変更内容

判定を実施する区分

(延べ床面積で区分)※1

構造計算の実施方法

手数料

(令和元年9月30日まで)※2

手数料

(令和元年10月1日から)※2

1,000平方メートル以下※3

大臣認定プログラムを使用しない場合

184,000円

187,000円
大臣認定プログラムを使用する場合 165,000円 167,000円

※1 広島県の申請窓口は,県庁建築課(広島市中区基町10-52)になります。

※2 エキスパンションジョイント等で構造上分離された建築物の部分ごとに手数料が必要です。

※3 1,000平方メートルを超えるもの(同一申請の別棟や,エキスパンションジョイント等で構造上分離された建築物の部分で延べ面積が1,000平方メートル以下の棟を含む。)は,県が委任した指定構造計算適合性判定機関で判定を行います。県が委任する構造計算適合性判定機関についてはこちらをご覧ください。

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする