ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 土木・建築関係 > 建築 > 広島県建築基準法施行条例の一部改正について(平成28年6月1日施行)
現在地トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域振興 > 住宅・建築・土地 > 建築 > 広島県建築基準法施行条例の一部改正について(平成28年6月1日施行)

広島県建築基準法施行条例の一部改正について(平成28年6月1日施行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月6日更新
「建築基準法施行令」が改正されたことに伴い,「広島県建築基準法施行条例」を改正しました。

改正の概要

◆避難上の安全の検証を行うことができる建築物の対象が拡大されたため,関係規定の整備を行いました。(条例第11条の3及び第11条の4)
◆建築物の2以上の部分が開口部のない耐火構造の床,壁,国土交通大臣が定める構造方法を用いるもので区画されている場合には,それぞれ別の建築物とみなして条例第11条の3及び第11条の4を適用できるようにしました。(条例第11条の5)

施行期日

平成28年6月1日

参考資料

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ