このページの本文へ
ページの先頭です。

鞆の景観や歴史的遺構の価値保全に向けた専門家会議について

印刷用ページを表示する掲載日2018年1月19日

鞆の景観や歴史的遺構の価値保全に向けた専門家会議について

 福山市鞆地区(江之浦~焚場間)は,過去の台風などにより度重なる浸水被害を受けてきたことや,地震による津波対策の必要性があることから,住民の生命・財産を守るため,高潮対策を着実に実施しなければなりません。
 また,この地区は,古くから港町として栄えた歴史的背景から,景観や文化財などの価値保全と調和を図る必要があります。
 このため,考古学や文化財などの分野の専門家から意見を頂く場として「鞆の景観や歴史的遺構の価値保全に向けた専門家会議」を開催しました。
 この専門家会議の内容と関連資料を公表します。

専門家会議の概要

第1回 専門家会議(平成28年8月30日(火曜日)開催)

第2回 専門家会議(平成28年10月3日(月曜日)開催)

第3回 専門家会議(平成28年12月16日(金曜日)開催)

第4回 専門家会議(平成29年2月6日(月曜日)開催)

関連資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする