このページの本文へ
ページの先頭です。

サーモグラフィーによる検温について

印刷用ページを表示する掲載日2020年8月12日
広島空港では,より安心してご利用いただけるよう,航空機に搭乗前のお客様に,サーモグラフィーによる検温を実施しています。

設置場所

広島空港 旅客ターミナルビル2階 国内線出発ロビー 保安検査場入口前

実施方法

(1)サーモグラフィーにより,利用者ご自身で体温をセルフチェックして頂く。
(2)体温が37.5℃以上と測定された方については,チラシを取っていただき,相談窓口への連絡,又は利用する航空会社のカウンターへ申し出ていただく。(感染症が疑われる方については,航空会社各社が運送約款に基づき,ご搭乗をお断りする場合があります。)
【チラシ】体温が37.5℃以上と測定された方へ

その他

広島空港の国内線就航先の各空港(羽田,成田,札幌,仙台,那覇)においてもサーモグラフィーによる検温が実施されており,感染症対策が行われています。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする