ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > > 税金・納税 > 県税のページ > 自動車税の重課割合が引き上げられます

自動車税の重課割合が引き上げられます

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

自動車税の重課割合が引き上げられます

平成26年度の税制改正により,環境負荷の小さい自動車の軽課割合が拡充された一方,新車登録から一定期間を経過した自動車について,平成27年度から重課割合が,概ね10%から15%に引き上げられます。

ご理解とご協力をよろしくお願いします。

  • 次の年限を経過した自動車は,その翌年度から税率が高くなります。

対象自動車

税率

・ガソリン車

・LPG(液化石油ガス)車

新車新規登録の日から13年を経過

…平成14年3月31日までに新車新規登録を受けたもの

通常の税率より

概ね15%重課(注1)

ディーゼル車

新車新規登録の日から11年を経過

…平成16年3月31日までに新車新規登録を受けたもの

(注1)トラック・バス・特種用途車(キャンピング車を除く。)については,引き続き概ね10%重課となります。

(注2)電気自動車,天然ガス自動車,メタノール自動車,混合メタノール自動車,ガソリンハイブリッド自動車,一般乗合用バス,被けん引車は重課対象から除外されます。

(注3)中古車の状態で輸入される自動車については,自動車検査証上の新車新規登録年月により経過期間を算定します。

(注4)重課対象自動車を新規登録した場合,月割りで納付する自動車税についても重課となります。

税額表

乗用車の主な税額 

【自家用】 

通常の税額

重課(15%)の税率

総排気量1リットル以下

29,500

33,900

総排気量1リットル超1.5リットル以下

34,500

39,600

総排気量1.5リットル超2リットル以下

39,500

45,400

総排気量2リットル超2.5リットル以下

45,000

51,700

総排気量2.5リットル超3リットル以下

51,000

58,600

総排気量3リットル超3.5リットル以下

58,000

66,700

総排気量3.5リットル超4リットル以下

66,500

76,400

【営業用】   

通常の税額

重課(15%)の税率

総排気量1リットル以下

7,500

8,600

総排気量1リットル超1.5リットル以下

8,500

9,700

総排気量1.5リットル超2リットル以下

9,500

10,900

総排気量2リットル超2.5リットル以下

13,800

15,800

総排気量2.5リットル超3リットル以下

15,700

18,000

総排気量3リットル超3.5リットル以下

17,900

20,500

総排気量3.5リットル超4リットル以下

20,500

23,500

※  このほか,バスや特種用途車などについても,乗車定員,用途,排気量や低燃費・排出ガス性能などにより税額が決められています。

お問い合わせ先

課税や減免に関することは,管轄の県税事務所(本所)の担当課までお問合せください。

開庁時間は,月曜日~金曜日の8時30分~17時15分です。
土日,祝祭日,年末年始(12月29日~1月3日)は,開庁していません。

 問い合わせ先

 ※ IP電話・一部のダイヤル回線からはご利用できません。082-513-5372をご利用ください。

 ※分室では,身体障害者などに対する減免申請の受付や納税の受付,納税証明書の発行などを行っています。

 ※自動車税に関する簡易なご質問は,「自動車税テレホンサービス」(24時間音声ガイダンス) 0570(064)531 をご利用ください。 

 関連情報

 

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。