ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県こども夢基金平成29年度第1回活動報告(子ども遊び広場)

子ども遊び広場

団体名 子ども遊び広場

活動日 平成29年5月20日,6月17日,7月22日,8月26日,10月21日,11月18日,平成30年1月20日,2月10日,3月3日

活動場所 宮地茂記念館 

活動内容

 ・乳幼児が保護者とともに自由かつ安全に遊べる空間をつくり,子供の遊びがさらに発展するような声がけをしたり,遊びの援助を行ったりした。新たな試みとして人形劇を行い,子供の感性や想像力が伸びるような活動をした。

活動の様子

パネル 人形劇 お絵かき

活動の企画・実施により構成員が学んだこと

・リトミックやアスレチック活動については,保護者からの評価は高く,体を動かすことの大切さを親が感じているということを学んだ。
・活動を行う際に,意義をあらかじめプレゼンテーションした。
・子供達の発達に応じた遊びを企画することで,子供との関わり方について学んだ。
・子供の安全に配慮し,活動の準備時におもちゃの点検を行うことにした。
・企画した遊びには,乳幼児が季節を感じられる内容を盛り込み,周囲の環境に興味をもってもらえるよう工夫した。
・父親の参加が増えたので,今後は父親との交流を深められる内容の遊びを考えたい。

活動に参加した子供達が体験できたこと

・リトミックを通して,音楽に合わせて体を動かすことの楽しさを体験した。
・夏祭りなど季節に応じた遊びをすることで日本の文化や四季の行事を体験した。
・自分の兄弟だけではなく,異年齢の子供と交流することができた。おもちゃの取り合いになった時に,譲り合い,お互いに謝ることを学んだ。

今後,新たに広島県こども夢基金活動助成事業に挑戦しようとする団体等へのアドバイス

・書類の作成や領収書の整理は早めにしておいた方がいいと思います。

この記事をシェアする