このページの本文へ
ページの先頭です。
もちーと ひろしま

本文

応援リレーメッセージ11|管理職登用~キャリアアップに向けたアドバイス~

印刷用ページを表示する 掲載日2019年3月8日

  

 

プロフィール

林氏

【林真依(はやしまい)氏 (PwCコンサルティング合同会社 公共事業部 マネージャー)】
株式会社パソナ入社。金融機関等向け法人営業を経て,2013年より官公庁事業企画担当,2016年よりダイバーシティ推進事業開発責任者。2017年よりPwCコンサルティングにて,中央省庁を中心とした各種官公庁事業のプロジェクトマネージャーを歴任。
主にDiversity&Inclusion,大人の学び直し,子どもたちの学びテーマに関する,経済産業省,総務省,厚生労働省等中央省庁や全国各自治体の雇用労働・産業振興・教育政策企画,事業運営に多数携わる。
厚生労働省 平成29~31年度労働者等のキャリア形成・生産性向上に資する教育訓練開発プロジェクト事業 区分1:【女性活躍関係(インターンシップ型)】 委員,独立行政法人情報処理推進機構(IPA)ITリテラシーWG委員

管理職登用~キャリアアップに向けたアドバイス~

“キャリアアップ”と聞いて,皆さんはどのような絵を思い浮かべますか?階段のようなものがありそれを一段一段上がっていくイメージ,何かを突き破って明るみに飛び出るイメージ,はたまた自分の周りに部下がいていろいろな相談を受けるリアルなイメージ・・・ 私が思い浮かべるのは,“アップ”という言葉とは真逆ながら,自分の核となる錘(おもり)のようなものが,ぐーっと深く深くに沈んでいきながら,水紋が拡がっていくイメージです。あなたの専門性は?と頻繁に問われる職業柄でしょうか,上向きの矢印というよりは,深まりを表す何か,そしてそこからの拡がりを表す何かを連想することが最近特に増えてきました。

管理職として活躍する,ということは,キャリアアップのひとつの形であるわけですが,反対に,数ある形のうちのひとつでしかありません。以前と比べ,企業組織の中でのキャリアパスはより複線化しており,加えて所属組織外での活躍の形も増えてきています。

そのように多様な道が存在する中から“管理職として働く”という道を選び取るには,もともとその立場に立ってみたい!と思っていたわけではない人にとっては特に,何か腹落ちする理由がほしいものですよね。その感覚は決して間違っておらず,なぜなら自身のキャリア形成において,管理職になること自体が目的・目標にならないことは当然だからです(この点がひとつ,男女の大きな違いだと言われています)。もしあなたが「〇〇さん,今度“管理職”にチャレンジしてみない?」という声かけに考え込んでしまっているのであれば,それは不自然なことではないので,その違和感に悩まないでいていただきたいと思います。そしてさらにもう一歩,せっかくの機会なので,ぜひご自身で,自分がわくわくする“Why管理職?”のツボを見つけにいっていただけたらと思います。

管理職として働く一歩を踏み出す動機は,人それぞれで良いと思います。ちなみにお恥ずかしながら,私の場合は,先輩方の経営方針などに関する大人な会話に早く混ぜてもらいたかったからでした。そして,実際にその立場を経験してみて気に入っているのは,やはり経営のダイナミクスに触れる機会が増えたことと,自身で意思決定でき仕事がコントローラブルになったこと,共にゴールを目指す仲間と出会えたことです。この点も,人それぞれですね。

もしお読みいただいている方の中に,いま管理職登用のオファーを受けるか悩んでいる方がいらっしゃれば,ぜひ,自分を腹落ちさせられるツボをまずは探してみてください。走り始めた後は,また違った楽しい景色が待っています。

リレーメッセージ一覧に戻る

 
 

 

マザーズハローワーク広島

女性の活躍・両立支援総合サイトのイメージ

エソール広島

広島県の子育てポータル イクちゃんネット

わーくわくネットひろしま

ヒントひろしま 働き方改革・女性活躍取組サポートサイト

三次市アシスタlab.