このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

応援メッセージ02|就業継続 ~長く活躍するための秘訣~

印刷用ページを表示する掲載日2019年1月15日

 

プロフィール

河野真理子氏

河野真理子(こうのまりこ)氏 (株式会社キャリアン 代表取締役/人材育成コンサルタント/ダイバーシティコンサルタント)】

組織の持続的経営と個人の生涯活躍に向け,人材育成,マネジメント,キャリアの分野でコンサルティングに従事。テーマは「イノベーションとダイバーシティマネジメント」,「人生100年時代のキャリア開発&継続」等。メーカーにて国際部門・人事部門勤務後,人材育成子会社を経営。内閣府「女性リーダー育成のためのモデルプログラムの効果の調査研究」企画委員,文部科学省中央教育審議会専門委員,神奈川県教育委員,日本生産性本部評議員,日経「企業の女性活用度調査(女性が活躍する会社BEST100)2018」審査委員等も務める。

就業継続 ~長く活躍するための秘訣~

予測困難なVUCA(ブーカ)時代,さあどうする?

「社会環境の予測不能」(VUCA)※1)と言われ,たった5年先の経営ビジョンも描きにくい時代になりました。「今日だけ」「自分だけ」のことならまだしも,「将来」「家族や関係者」のことも考えると,これが結構悩ましい。でも誰も先を読めないわけですから,悲観しても仕方ありません。どうなってもいいように,‘考え方の物差し’を少し変えてみませんか。

人生100年へのマインドセット

90代になったあなたは,要介護になってもモビリティサービスを活用して外出をエンジョイするかもしれません。ひ孫10人の結婚式にドレスアップして出席するかもしれません。何度か手術・入院をするかもしれませんね。豊かに,周囲になるべく迷惑をかけずに歳を重ねるには,それなりに準備(蓄え)が必要です。まずは,「長く活躍!」と腹をくくりましょう(笑)。となれば,職場で存在価値をキープすることが重要になります。仕事に取り組む本気の姿勢と,それを可能にする環境づくりが欠かせません。

新しい価値観でのファミリー経営

働く土台,家族・家庭が安定していないと,安心して仕事に打ち込めませんね。そのためには,家のことを誰か一人が背負うのではなく,家族全員でシェアするような経営感覚も必要です。家族みんなが食事を作れる,学校・会社の連絡先を共有しているなどもファミリーのリスクマネジメントの1つです。会社だって多能工,家族も「多能行」(行動)でいきましょう。それから,「手を抜く」のと「工夫・調整」は違います。日々の小さな工夫・調整の積み重ねが,大きな目標,「家族全員がwell-being※2)(ウェルビーイング:身体的,精神的,社会的に良好な状態)」に繋がります。家族こそ,持続可能でないといけませんから。

自分に(も)投資を

自分の成長のために,お金や時間を使っていますか?「子どもの教育にお金がかかって」「忙しくて時間が作れない」なんて言ってる場合じゃありません。労働市場がエイジフリー※3)になっていくと,自分の子どもと同年代の人たちと仕事をするかもしれません。存在価値をキープするには,知識・スキルのメンテナンスやブラッシュアップ,多様な人との繋がりや情報収集,新たなジャンルへの挑戦が不可欠です。時代はリカレント※4),ネットだって活用できます。誰でも,どこでも,いつからでも勉強も活動も活躍もできるのです。

自信をもって「四方よし」へ!

ビジネスに三方良し※5)(売り手良し,買い手良し,世間良し)という考え方がありますが,あなたの「活躍」は「四方良し」(自分,家族,組織,社会)になるはずです。「あの時がんばってよかった!」という日がきっときます。新元号の今年こそ,‘その決断’に自信をもって,大きな一歩を踏み出してみませんか。


※1)VUCA(ブーカ):Volatility(不安定さ),Uncertainty(不確定さ),Complexity(複雑性),Ambiguity(曖昧性)という4つのキーワードの頭文字を組み合わせた言葉で,現代の経営環境が「予測不能な状態」であることを表すキーワード。

※2)well-being1964年の世界保健機構の草案にある言葉で,日本WHO協会の訳では「健康とは,病気でないとか,弱っていないということではなく,肉体的にも,精神的にも,そして社会的にも,すべてが満たされた状態(well-being)にあることをいいます」とされている。

※3)エイジフリー:少子高齢社会では年齢を中立なものとして捉え,雇用・就労においては年齢制限を撤廃しようとする考え方。生涯現役と表すこともある。

※4)リカレント:リカレント教育とはOECDが1970年に提唱した生涯学習の考え方で,循環・反復型の教育システムのこと。個人が生涯を通じて学びと労働を交互に行えるような社会のあり方を目指している。

※5)三方良し:近江商人の商売に対する考え方で,「売る側」の利益ばかりでなく,「買う側」にも「世間」にもよくあるべきであるという考えを表した言葉。


 

働く女性応援メッセージ一覧に戻る

 
 

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする