このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年における特用林産物の生産販売統計について

印刷用ページを表示する掲載日2021年7月20日
広島県は,特用林産物の生産・販売について,令和2年の統計情報を取りまとめました。
【生産量について】
 特用林産物(注)のうち,きのこ類の令和2年における生産量については,ほぼ前年並みでしたが,「乾しいたけ」「生しいたけ」「ひらたけ」「まいたけ」は減少となりました。
 きのこ以外の生産量についても,ほぼ前年並みでしたが,「竹炭」は減少となりました。
(注)特用林産物とは、本来森林や原野から得られる産物のうち一般木材を除いたものの総称であり、代表的なものとしては、しいたけ、えのきたけ、ぶなしめじ等のきのこ類、樹実類(じゅじつるい)及び山菜類といった食用物、うるしや木ろう等の伝統的工芸品の原材料、竹材、桐材といった非食用物があります。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする