ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

物価情報に関するリンク

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月30日更新

注意:ここで紹介しているものは,当課(消費生活課)で発表している情報ではありません。
情報の詳細については,掲載元に直接ご確認ください。

<個々の物価の動向について>

 小売物価統計調査って何?:消費生活において重要な商品の小売価格やサービスの料金を毎月調査しています(全国約2万6千店舗(事業所)及び約2万5千世帯の方々を対象)。
 小売物価統計調査の結果は,これら調査対象の方々の御理解・御回答によって得られており,月々の価格の変化を明らかにするほか,物価水準の変動を測定するための消費者物価指数を作成し,消費生活に関する経済施策の基礎資料として利用されています。(総務省統計局ホームページより引用したものを一部改変)

 物価指数って何?:日常生活で購入する多種多様な商品やサービスの価格を総合して平均したもの。
 物価の変動を,基準となる年を決めて,その物価の大きさを100とし,それに対しての上昇・下落の比率をみる数量的指標として示している。(「
知るぽると(金融広報中央委員会)」より引用)

  • 消費者物価指数(広島県) 小売物価統計調査を県で集計して,月報と年報の形で公表しているものです。
     (毎月末に先月分の物価指数が公表されます。 ⇒ 月別一覧 )

⇒ 参考 広島県統計課のホームページ「分野別統計データ」へ

(広島市・福山市の消費者物価指数は,県統計課及び,はじめに紹介した自治体のサイトで見ることができます。)

<関連情報(消費(何にいくら使ったか)の動向などについて)>

 消費動向調査って何?:消費者の意識の変化,サービス等の支出,主要耐久消費財等の保有状況及び購入状況などを迅速に把握し,景気の動向判断の基礎資料とすることを目的としています。(富山県ホームページより)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。